So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:右脳はスーパーコンピューター・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:右脳はスーパーコンピューター・・・・」




(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

脳のバランスを取り戻すように意図してください。

脳には右脳と左脳があります。

どちらも大切な機能を持っています・・だから、あるのです。

どちらかが大切で、どちらはいらない・・そういうものではありません。

そして、どちらか一つで機能出来るものでもありません。

右脳と左脳、それぞれの得意な分野があって、その得意な分野を担いあって

いるから、機能出来るのです。


でも、あなた達の社会では左脳ばかり重視しています。

それではバランスは保たれなくなり、苦しくなっていきます。

あなた達の教育では左脳重視の勉強ばかりさせられているのです。

記憶、合理性、効率・・左脳の得意とすることばかりが重要視されているのです。


右脳は感性・・左脳より劣る・・と教え込まれ、感性をないがしろにするのです。

右脳は芸術面だけのためにあるのではありません。

右脳はスーパーコンピューターなのです。

左脳ですべて計画や計算などの処理をしていると思っているかもしれませんが、

そうではないのです。


右脳はとても大きなスペックを持っています。

右脳は、クラウドサービスのような?パソコンの中に入りきれない情報を

インターネット上で保管するような機能を持っています。。

左脳では覚えきれない、計算しきれないことを、右脳は出来るのです。


左脳では覚えきれない膨大な記憶も、クラウドに記憶させることによって記憶を

思い出すことが出来るのです。

複雑な計算もスーパーコンピューターのように計算することが出来ます。


左脳は各自が持っているパソコンのようなものです。

そして右脳は、それとクラウドやスーパーコンピューターにつなげるラインの

ようなものです。

右脳は、感覚や直感という形で、クラウドやスーパーコンピューターから情報を

持ってきます。

そして、その情報を理解できるように言語化するのが左脳なのです。


右脳は感覚なのです。

そして、左脳はその感覚を具現化する(言語化する)機能を持っています。

だから、どちらも必要なのです。


でも、あなた達はそれを教えられていません。

右脳の機能を教えられることなく、小さなスペックの左脳ばかりで作業するように

教育されているのです。

どうしてでしょうか?

右脳の機能を知られてしまい、クラウドやスーパーコンピューターなどにアクセス

されてしまうと、支配者たちが困るからです。

彼らが隠してきた真実がすべてバレてしまい、彼らの言うことを誰も聞かなくなり

支配、搾取できなくなってしまうからです。


右脳も左脳もとても大切な機能を持っています。

ただ、使い方が違うだけなのです。

どちらも必要なのです・・そして、そのバランスがもっと大事なのです。


右脳の機能を思い出すにはどうしたらいいでしょうか??

そうですね、感覚を大切にしてください。

感性を大切にしてください。

証明できないこと・・それが感性です。

フッと閃く、何にも証明?出来ないけど、でもなんとなく理解できる・・という

感性です。


右脳の感性で感じ、受け取り、それを左脳で言語化する・・これが脳のバランスです。


女性性と男性性も同じです。

この話をするとまた長くなりますので、またの機会にお伝えしたいと思います。


感性を大切にしてください。

感性からたくさんの情報を受け取ることが出来るのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


右脳の驚異的な力を示す良い例が速読ですね。

それだけでなく画家が持つ一目見ただけでその光景をすべて記憶してしまうのもそうです。

優れた画家は現場ではスケッチだけして、詳細な絵を描くのは自宅のアトリエに戻ってから

と言われています。そのときに現場で見た風景や光景を今そこにあるかのように克明に思い

出し、それをキャンパスに描いているのです。

一般的な人はそれが出来ないので、同じ場所に何度も行って絵を完成させます。

そこに右脳の違いがあるようです。


アシュタールが語るようにこれまでの論理的な脳の使い方から感覚や感性を重視する

ものの考え方をするようにするといいと思います。

そして、こうした能力は先天的に出来る人もいれば訓練によって出来る人もいますので

私たちにも十分右脳の能力を開発できるチャンスはあります。

そのためには左脳だけでなく、右脳も使う機会を増やしたり、速読などの技術を習得する

ことでスーパーコンピューターのような能力を手にすることは可能なはずです。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0