So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:明治維新から日本の歴史は大きく変わった 」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:明治維新から日本の歴史は大きく変わった 」




(ここから)

ネットの中では、うっすら噂されていたことが、とうとう表に????

内閣支持率と北ミサイル発射との関係・・・

あ、る、か、も・・・って思ってしまうのは、私だけぇ~~??


では、今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますね^^

「本当の歴史がわかれば、すべてわかって来るわ。

歴史って、その時の権力者にとって都合のいいことしか教えないの。

事実をどの角度からみるかで、歴史は大きく違ってくるわ。


そして、一般的に歴史として残されているものは権力者にとって都合のいいものだってこと。

学校で教えられている歴史は、今の社会の権力者にとって都合よく編纂されているもの。

だから、真実は見えてこない・・いまの社会がどうしてこんなになってしまっているのか?

いくら歴史をひも解いても何も見えてこない。

だって、見えないように教えてるんだから。


歪められた歴史をいくら研究したところで、真実にはたどり着けないのよ。

いままでの歴史を見ればわかると思うけど、アメリカという素晴らしい国を建国したと

言われる人たちはどうかしら?

アメリカは素晴らしい国かもしれない・・でも、そのアメリカという国を作るにおいて

何が起きたのかしら。

獰猛で人でなしで、人を殺すことなんてなんとも思っていない原始的な人たちと勇ましく

戦って、築き上げた文明国、それがアメリカなのです・・って世界中で教えられてるよね。

それは、勝者の歴史・・


アメリカという国が出来た・・それは事実・・でも、違う角度から見たらどうかしら?

勝者の勇ましい歴史的な角度ではなく、敗者側から見た歴史。

そうね、それは侵略の歴史になるわよね。

ずっと長い間、アメリカ大陸に平和に暮らしていた人たちがいたのよね。

その人達は、何もしてないの・・先に戦いを挑んできたのは、開拓者と言われる人たち。

ただ、平和に暮らしてたところに突然知らない人たちがやって来て、ここは自分たちの

国にするから出て行きなさい・・って言われたから、そうじゃないでしょって戦っただけ。

最初に暮らしていた人たちから、戦いを挑んだんじゃないのよね。

理不尽な要求を突き付けられたから、仕方なく戦っただけ。

獰猛でも人でなしでも、戦いたくて戦ったわけじゃないの。

でも勝者の歪んだ歴史から見れば、原住民が勇敢な開拓者たちを襲い、殺して行った・・って

ことになってるんじゃない?


勝者が善で、敗者が悪・・それが、いま教えられてる歴史だってこと。

すごく偏った見方でしかない・・それを真実の歴史として子どもたちに教え、大人たちにも

映画などでそれをどんどん刷り込んでいく。


そんな歴史をいくら研究しても、何も見えてこないわよね。

勝者の言い分だけを鵜呑みにして、その観点からだけ研究しても何も見えてこないわ。


そして、今のあなた達の社会は勝者が作り上げた社会よね。

勝者が都合のいいように作りあげた社会・・その社会が歪んでいて、そして歪んでいる故に

苦しくて仕方がない人たちがいる。

搾取され続けている人たちがいる・・どうしてこんなに苦しいの?どうして豊かで自由な

生活が出来ないの?・・って思っても、真実を教えられていないのだから、原因がわからない。


真実の歴史を知ることが出来れば、どの人たちが勝者で、その勝者の人たちにとってどれだけ

都合のいいルールが決められているのか・・がわかる。

そして、勝者の人たちの人脈もわかって来る。


いまの社会システムが出来たのは、

明治維新と呼ばれる出来事が起きてから・・

明治維新から、日本の歴史は大きく変わったわ。

そして、その明治維新の立役者と言われる人たちの

子孫や親せきの人たちが今の社会の中心に居るってこと・・

そこから、違う見方で歴史を見てみると、いまの社会の構造がよく

分かって来るわ。



誰が勝者、支配者としてあなた達庶民と呼ばれる人たちから搾取しているか・・

よく見えて来ると思うけど・・


それが見えてくれば、どうすればいいかもわかって来るでしょ・・

どうすれば、また豊かで自由な生活を取り戻すことが出来るかわかって来るわ。


もし、いまの生活に疑問を感じているなら、真実の歴史に目を向けてみたら・・


あなた達をこころから愛してるわ~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんをこころから愛してるよ~~^0^


さくやさんが教えてくれている真実の歴史ゼミナール、8月20日(日)湘南台のサロンで

開催します・・まだお席はございますので、ご興味のある方はぜひご参加下さいね^^

(歴史ゼミナールは、ステージ1と2を受けられた方のみとなります事をご了承いただければ

幸いです)


アシュタールのメッセージの新作の動画は、「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

に掲載しています。

ご興味のある方は、是非ご覧くださいね^0^

(ここまで)


明治維新は私たちが子供のころから教えられているようなものではないみたいです。

文明開化ともてはやされた明治維新も言ってみれば西洋を発祥とするアングロサクソン人が

いまだに西洋の支配下にない日本を支配するために行ったものです。

その主流はイルミやフリーメーソンの命を受けた人たちが中心となって起こしたもの。

その下部組織としての実行部隊が田布施地区の人々が中心になったものですが

当時の幕府の要人はすべてこの人たちで入れ替わったもののようです。

そして、その下地はフランシスコザビエルが宣教師としてやってきたときから始まり

多くの日本人を改宗させ、混乱の元を作っていったものと理解しています。

私も詳細は調べていないのでおおまかにしか理解してませんが、江戸時代まで続いた

歴史をすべてご破算にして西洋流の文化システムに変えていったのが明治維新です。

しかし、それでもそれに反発する日本人もいて、それらが今の日本の表裏を形成して

いるようです。

現代人にそんなことを話しても誰も信じないでしょう。天皇があのとき入れ替わったという

説もありますが本当のようです(さくやさんはこのことを真実であると明言してましたね)。

そう考えると日本人は何を信じているのか?と思うと私自身の頭も混乱してしまう有様です。

ともかく疑問を持たない限り自分自身の脳裏にある先入観を拭い去ることはできません。

あたかも韓国人が反日教育を子供のころから仕込まれている状況と似てます。

卵からかえったひなは一番最初に見たものを親と信じ込むようですが、今の日本人も

生まれて初めて受ける小学校の授業で最初から違う歴を教えられるのですから、それを

真実と信じて疑わないのも無理はありません。

参考までに→明治転送すり替え説





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0