So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:ハートの中に入れてきた記憶」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:ハートの中に入れてきた記憶」


(ここから)

アシュタールやさくやさんは、前世というものはありません・・って言うけど、

でも、前世療法や退行催眠療法というのがあって、その療法によって過去生?を

思い出したりすることで実際に癒されたり、悩みがなくなったり?考え方が

変わったり?の効果があるということも聞きます。

前世は無いのに、前世を思い出すってどういうことなのかなぁ~~??

教えてアシュタールぅ~~^0^;


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

個人の前世というものはありません。

Aさんが身体を脱いで、そのまま100%のAさんの個性のエネルギーでまた

テラに転生してくるということは無いのです。


では、どうして前世の記憶があるのでしょうか?・・ということですが、

それはいろんな存在の記憶を持って転生してきているからです。


人は(人だけではありませんが、話がややこしくなりますので、ここでは人の

話としてお伝えしますね)身体を脱ぐと(死ぬと)絶対無限の存在の情報の海に

戻ります。

そこで、絶対無限の情報のすべてを共有するのです。

・・絶対無限の存在として存在するといういい方でもいいと思います。

そこでは、自分は存在しているという意識だけになります。

名前とか性別とか、地球人とかシリウス人とか、そんなアクセサリー(個性のエネルギー)

は持っていません。

素のエネルギーとして存在するだけです。


そして、その素のエネルギーがどこかの次元、惑星、などでいろんな体験を

してみたいと思ったとします。

そうすると、その絶対無限の存在の情報の海から出て、その次元なり、惑星なりに

転生?することになるのです。

これは、その素のエネルギーがすべて決めます。

誰かに命令されたりしていく訳ではありません。


そして、その素のエネルギーは、今度テラで冒険の体験(山に登ったり、ジャングルを

歩いてみたりなど)をしたいと思って転生します。

その時に、必要な情報をハートの中に入れて来るのです。

必要な環境も自分で決めます。


例えば、冒険をするにはある程度の屈強な身体が必要となります。

その屈強な身体をくれる?両親を選ぶのです。

その両親も冒険が好きで、いろんな冒険旅行に行く人たちかもしれません。

その方が、冒険に関しての知識も増えるでしょうから。


そして、次に冒険するためにはどんな情報が必要か探します。

絶対無限の情報の海の外側には、たくさんの情報を収納しているところがあるのです。

その中から、冒険に必要な情報を検索し、それをハートの中にあるUSBのような

物に入れてくるのです。


それが、記憶なのです。

あなたにも、誰からも習っていないのに出来ることや、何故だか知ってるってことが

あると思います。

それは、あなたがテラに転生してくるときに選んで持ってきた誰かの記憶なのです。

ピアノを弾きたいと思って転生してきたならば、ピアノの弾き方や音感など、ピアノが

上手だった人の記憶をUSBにコピーして持ってきたということです。

だから、習わなくてもなんとなくピアノを弾くことが出来るということになるのです。


なら、どうして欲しくもない情報まで持ってきてしまうのでしょうか?と思うと

思います。

持ってきた情報に不必要なものは何もありません。

すべて必要だと思うから持ってきたのです。


例えば、冒険したいのに、なぜか水や高所に怖れを感じるとします。

冒険するには、とても邪魔な記憶だと思いますね。

でも、見方を変えると、それは冒険するにはとても必要なのです。

なぜなら、怖れを知らなければ、冒険するときに暴走してしまう危険性があるからです。

怖さというのは、ある意味危機察知の能力でもあり、ブレーキのようなものなのです。

怖さを知っていると、無茶をしなくて済みます。

暴走せず、安全に冒険することが出来るのです。

だから、その怖れを持って来たのです。


そして、どうして自分は冒険したいのに、水や高所など怖いと思ってしまうのでしょうか?

冒険には向いていないのではないのでしょうか?と悩んでいたとします。

でも、その持ってきた記憶の意味が解ることで、それは必要なものであり、自分を

守るために自分で持ってきたものだと理解できます。

そうすると、それは悩みではなくなり、ありがとうという感謝に変わります。

だから、記憶を思い出すと癒されたり、悩みがなくなったりするのです。


ですから、前世療法や退行催眠療法などで思い出した記憶は、自分の過去生の記憶

ではなく、絶対無限の存在の情報の海から出るときにハートの中にしまってきた

他の人の記憶だということなのです。

(他の人の記憶だと言いましたが、ワンネスの観点から見ると人の記憶も自分の記憶

だと言えますので、自分の記憶だということもできますが、この話をしてしまうと

また混乱を呼びそうですので、今日は他の人の記憶という表現をさせていただきます)


これで答えになっていますでしょうか?


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


そうか!

アシュタールは他人の記憶として説明されていましたが、必要があれば自分の過去記憶を

持ってきてもいいということになりますね。

それが話を混乱させるもとになっていたようです。

そう考えれば退行催眠の多くの子との説明がつきます。

ただ、どこまでが他人の記憶でどこからが自分の記憶なのかわからないのが問題ですね。


そう考えると、今の人生は一度限りの貴重な体験だということになります。

同じ経験は二度出来ないことですから、存分に楽しまないと・・・・。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0