So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:それだけが親の役目なの・・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「さくやさん:それだけが親の役目なの・・・・・」




(ここから)


今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますね^^

「子どもを育てる親の一番の目的?役割?は何だと思う?


自立させること・・それだけが親の役目なの。

自立させるって言っても、良い学校に行かせるとか、いい会社に就職させるとか、

良い人と結婚させるとか・・そんなんじゃないからね。


自立するっていうことは、自分で生きていけるっていう自信がつくことなの。

いくら学歴?があっても、自分で生きていけるっていう自信がなければ自立したことには

ならないのよ。


自立させるためには、何が必要だと思う?



そう、手をかけないこと・・保護しすぎないってこと。

転ぶ前から手を差し出さない・・ってこと。

小さな怪我を何度も繰り返して、自分の身を守る術をおぼえるの。

お湯は熱いってことは、小さなやけどをしてはじめてわかるの。


その小さな怪我、やけど、を怖がっていつもいつも怪我をする前、やけどをする前から

保護してしまうと、どうすれば転ばないように出来るのか? 怪我をしないように転ぶには

どうしたらいいのか? やけどをしないためにはどう気をつければいいのか?が

分からなくなってしまい(危機察知能力が育たなくなってしまい)大きな怪我や大やけどを

してしまうことになるのよ。


保護するのが親の役目じゃないの。

転ぶ前に手を差し伸べたくなる気持ちはわかるけど、そこは親は見守るしかないの。

手をかけずに目をかけるの。

小さな怪我をしながら、自分でそれに対処していくことで子どもは自分で出来るという

自信がつくの。

それにはね、親は胆力(肝っ玉)が必要になってくる。

見守るって、すごく胆力がいるの・・でも、そこはグッと見守る覚悟するしかない。


怪我ややけどだけじゃないことはわかるでしょ?

いろんなことを経験することで、ここまでは大丈夫、ここからは気をつけなければいけない・・

この知識は必要だから身に着けておこう・・って、自分で考えられるようになるの。

自分で考え、自分で判断し、自分で行動することで、たくさんの経験が出来、そして知識や知恵が

でき、何があっても自分で生きていけるという自信が出来るの。


そのためには、親自身が自立出来てないと困るわよね。

だから、親は子どもを育てながら、自分も自立していくことを考えないとね。

自立した親の姿を見て、子どもは自立するということがどんなことかわかるの。

こんな子ども(大人)になって欲しいと思うなら、親自身がそんな大人になるのが一番ね。

子どもは親の背中を見て育つ・・ってあなた達の言葉にもあるでしょ。

その言葉そのものよ。


何から何までしてあげるのが良い親じゃないってこと。

手をかけず、目をかける(ただ見守る)・・それが親の役目。


そしてね・・今度は子どもの番。

大きくなったら、今度は子どもの胆力が必要となって来る。

どういうこと??・・って思うかしら・・

それはね、子どもから、親とつながってる精神的なへその緒を切らなくちゃいけないの。

精神的なへその緒は、親からはなかなか切れない。

だから、子どもが自分で切らなくちゃいけないの・・それには胆力がいるわ。

その胆力は、子ども自身に自信がないと出ないの。


いつまでも子どもをそばに置いておきたい、いつまでも安心な親のエネルギーの中にいたい・・

という気持ちはわからなくはないけど、それじゃあただの共依存になってしまう。

親も子どもも自立出来なくて、自分の人生を楽しく生きて行くことは出来ない。


自立したからって、断絶するわけじゃないわよ。

仲良くはしてちょうだいね・・でも、仲良くするのと共依存は違うということ。


親も子どももお互い自立したほうが、気持ちの良い関係を築くことが出来てとても仲良く

することが出来る。


子どもを育てるということは、自立させること。

自分の子どもだけじゃなく、どの子も一緒。

みんなで子どもを育てることが出来れば、本当にステキな社会になると思うわ。


あなた達をこころから愛してるわ~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんをこころから愛してるよ~~^0^

(ここまで)


思うのは今の親って、子供離れしてないというか溺愛してしまう親もいることですね。

かと思えば、まったくかまわない親もいるらしく両極端に分かれてきているような・・・。

と言っても、これは私の私感ですので、悪しからず・・・。


かっての昭和のころは3世代同居が当たり前だったので、子育てで知らないことは

おばあさんやおじいさんがそれとなく教えてくれたのですが、今はそういう環境の

人って少ないから大変ですね。

とくにマンション住まいだったりすると他の人との交流もなく一人で悶々と悩みストレスを

貯めこむケースもあれば、交流がありすぎていろんな知識だけ蓄えすぎて困っている

人もいるらしいです。

今の子育てって本当に難しいと思います。

昔だったら、子供は勝手に外に遊びに行って、近所の遊び仲間と夕方まで遊んでいて

そのころになると、どこからともなく「ご飯だよ~」と呼ぶ親の声がしたものでした。

だから、子供は近所の遊び仲間と遊びながら自立する精神を養っていたと思います。

親はそんな子供を黙ってみているだけ。本当に注意しなければならないところは注意

しても、それ以外は自由でした。子供は親がいなくとも育つという言葉そのままでした。

今は朝から晩まで同じ部屋の中で親と一緒ですから窮屈かもしれないですね。

広い野原ア空き地を駆け回り、自然に親しみ、田んぼ・畑・川の昆虫や魚と戯れる毎日は

今はほとんどできないでしょう。

本当はそれが自然なことですが・・・・。









nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

ねこ

確かに昔は日が暮れるまで遊んでいましたね。

自分の住んでいる地域は新興住宅地ですが、自然はかなり
残っていて草木や空き地もたくさんあり昆虫や鳥、小動物も
けっこういました。

最近、当時のことをよく思い出します。
木や草の匂いは良かったなと。

今は子育てや子どもと大人の距離感や関係が難しいんですかね?
過去にあった事件なども関係してるのかもしれませんが・・・。

今の日本は学校も職場も締め付けが厳しいというか、窮屈で
生きにくいですね。

昭和の頃の緩さが懐かしく感じますよ。

会社は効率と利益ばかり追求するせいか、そのぶん人間への
負担が増してるような気がします。

アシュタールへ以前、効率を求めないでくださいとか言って
ませんでしたっけ?

効率も度を過ぎると人間が効率の奴隷になってるようにも
見えます。

工場へ行くと、特にそれをに感じますね。
機械が導入されて効率が上がっても意外なところで人への
負担が増してるんですよね。

そういうのにも気づかない状態にされているのかも
しれませんが・・・。

なんだか、今の日本は不自然なことがあまりにも
多いなって思うんですよね。

もう効率や利益、時間に追われない世界へ行きたいと
最近つくづく思います。

さて・・・どうしようか・・。
自分は寝てる時が一番幸せですね。
これは間違いないです(←笑)



by ねこ (2017-06-20 21:29) 

ada755

ねこ 様

かってのような近所の子どもたちとの遊びや自然と親しむ習慣のない現代の
都会に住む子供たちは可哀想かもしれませんね。そうしたことを知らずに
毎日狭苦しい環境の中で育つのですから・・・。

効率とは何のためにあるのかと言えば、単に生産性を上げるためですが
そこまで効率化して何が良いのか?と思いますね。まったく同感です。

私がかって従事していた仕事での効率化は生産性を上げるためではなく
ケアレスミスをなくすためでした。ひとつの誤ったデータが診断に重要な
影響を与えるのでなくさなければならなかったからです。人はいくら注意
をしても間違えます。ミスは決してゼロにはなりません。これを改善した
のがコンピューターシステムによる自動判断機能でした。だからこれは
必要なものでした。

ところが、今の効率化は商品の大量生産であったり、販売効率を高めたり
というところにありますが、それに応じて人も時間に縛られ自由がなくなっ
てしまったところが問題ですね。

私の場合時間に左右されない生活は田舎でのんびり暮らすことですね。


by ada755 (2017-06-21 20:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0