So-net無料ブログ作成

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:ミスリード・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:ミスリード・・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




科学がすべてを説明出来るかのように言われていますが・・

真実の1%ほども理解できていない・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。





「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

感覚を研ぎ澄ましてください。感覚に頼ってください。

あなたを取り巻いている空気?

エネルギー?を常に感じてください。

感覚の中にたくさんの情報があります。

感覚に頼るのには、まだ心もとなさや頼りなさを感じ、

不安になるかもしれませんが・・

少しづつでいいですのでマインド(頭)から感覚の方へ 

シフトチェンジするようにしてください。


私たち宇宙ファミリーは、感覚を主として 

その表現をするためにマインド?

(これは、私たちが使っている3次元的領域の

マインドではないそうです・・

言葉で表現するのは難しいです 汗)を使います。

感覚が主でマインドは従です。(霊主体従のことでしょうか?)


あなた達は、今までマインド(頭)が主で 

感覚(ハート)を従としていました。

これからは、それの関係が変わってきます。

今までのあなた達にとって マインド(頭)は 

浮き輪、自転車の補助輪、杖・・のようなものでした。

自分の感覚を信じ切れないために 

何か他の物に頼っていたのです。

3次元的領域では必要でしたが・・

もうマインドに頼る必要はなくなりました。

時々使うことはありますが もう頼らないでください。

それがなくてもあなたは十分にうまくやって行けます。

ただあなたの感覚を研ぎ澄まし それを信じきればいいのです。


マインドには、今まで教えられた狭い知識があるだけです。

その知識は、ほとんど真実を理解できていません。

あなた達の科学がすべてを説明出来るかのように

言われていますが・・

真実の1%ほども理解できていません・・

なぜならば、はじめの踏み出しが真実から離れているからです。

物質は、ただの物質ではなく 

すべてが波動(エネルギー)で出来ている・・

すべては同じものがもとであり 

ただ姿かたちが違うだけ(表現が違っている)

ということを 出発点としていないためです。

(もちろんあなたを支配コントロールしている

存在たちは そのこと

”すべては波動で出来ているということ”を

とてもよく知っています・・

ですから、あなた達に真実を知られないように

反対にそのことをあなた達から隠し、情報を操作し 

あなた達の科学をミスリードしているのです。

たとえば医学についてですが・・

身体はただの物質ではなく 

波動で出来ていると言うことを理解していれば 

身体の一部分だけを見て 

不調な部品を取り換えればいいという

考えにはならないですよね・・

この話をし始めると、とても長くなりますので 

また機会があればお話ししたいと思います。

でも感覚(ハート)は

すべての情報の根源とつながっていますので、

マインドの中には無い知識 情報を手にすることが出来ます。

だから、あなたの感覚(ハート)の中に

すべての答えがあるのです。

あなたの感覚を研ぎ澄まし、あなたの感覚の中に 

あなたの真実、答え、情報を探してください。

マインド(宇宙ファミリーがいうマインド)は 

それを表現するためのものです。

感覚を研ぎ澄ますために 今あなたが何を感じ、何を想っているか・・

そこに常にフォーカスしていてください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


すべてのものは波動が基本で、その波動が姿かたちを変えて物質となっていると言われても

現代科学を学んだ私たちには、にわかに信じがたいことかもしれませんが、そうだと思います。

ただ波動が私たちには見えないので理解できないものとして片づけてしまっているからです。

現代科学は唯物論で成り立っていて、見えるものだけを信じなさいと教えられています。

そのため、見えないものは意図的に遠ざけ信じないように刷り込まれているのです。


その常識を外し、感覚で物事を考えてみるということです。

感覚なんて見えないものの代表のようなもので、だれもこうだよと表して示すことは出来ませんが

実際、私たちには感情があり、感情で動いています。現代科学はそれすら見ようとしません。

あえて見るのは心理学だけでしょうか?それでも心理学は正統派とされていないのもおわかり

のことと思います。それなのに、神を信じるというのも不思議なことです。


仮にどこかへ行きたいと思ったときに、マインドはいろいろな旅行関係の雑誌や広告を探し

それを一生懸命見て探しますが、感覚は違います。今一番行きたいところは?と思い浮かんだ

ものが感覚が選んだ旅行先です。その時には何も考えずにすぐ頭に浮かんだものが正解です。

考えてしまうと言語を用いるマインドは働くので、好き嫌い、旅費の比較を始めるので選択先が

限られてきます。感覚はそうではありませんね。たとえアメリカ西海岸が浮かんできたとしても

そのイメージには旅費と言う考えはありません。ただ行ってみたい。その一言です。


そうした感覚をこれからは生かしてみることが必要だと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0