So-net無料ブログ作成
検索選択

破・常識 あつしの挑戦「アシュタールシ依存と執着・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタールシ依存と執着・・・」




(ここから)


今日の破・常識!



一人でいること、行動することは 

さみしいことではない・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。







「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

一人でいること、行動することを楽しんでください。

一人でいること、行動することは 

さみしいことではありません。

一人でいることを楽しむことが出来れば 

誰かといても その時間を楽しむことができます。

一人でいることをさみしがって

誰かといようとしても だれかといること、

その時間を楽しむことができません。

分かりますか?


自立することが出来ると 

一人の時間を楽しむことができます。

自立した人と自立した人が一緒にいる所には、

とても風通しの良い自由な関係、

コミュニケーションを創ることが出来ます。

でも、一人でいることを楽しむことができない人、

一人では何もできない・・

一人は、とても孤独でさみしいものだ・・

と思っている人と同じような人が一緒にいても 

そこには、依存と執着が起きてきますので 

風通しの悪い不自由な関係になってしまいます。

人との関係を楽しく 

自由なものにしたいと思うのであれば、

まず自分一人でいることを

楽しめるようになってください。

あなたは、一人でも孤独ではありません。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


オッと!意外にも短いメッセージでしたね。

でも、これはよくわかりますね。

さみしいと思っている人とそうでない人が一緒に居ると、さみしいと思っている人は極端な場合

いつまでも相手を話すことはないと思います。

寂しい人にとっては離れることが大変苦痛だからです。

それはある意味自分自身に対する自信と信頼がないからともいえます。

なにをするでもなく、私も若いころは新宿のアーケード街やゲームセンター喫茶店、飲み屋などを

次々とはしごをしながら朝までいたことがあります。それも大学の学友と二人ですが、一人でいるよりは

その方が孤独感を癒せるからです。

もっとも、もともと私には孤独癖がありましたから、寂しがっていたのは相手の方だったかも(笑)。

なんでか、よく誘われましたから・・・・。


要するに離れたくないという執着心と依存心を持ってしまうということですね。

これが自立すると一人でいることの寂しさを感じることが少なくなりますので、別に気にならなくなります。

ようはいかにして自立した人になるかですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。