So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:いちばん良いのは見ないことです」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:いちばん良いのは見ないことです」



(ここから)


ちょっと長いお休みをいただいてた5日間、ほとんどニュースを見なかったんです。

いつもは、記事を書くのに何かネタはないかなぁ~~っと思ってネットのニュース

とかを見るんだけど、お休みの間は遊ぶのに夢中でほとんどみませんでした(笑)

そしたらね、気持ちが楽なの。。

まわりも楽しんでる人ばかりだし、みんな笑ってるし・・あ~~平和だわ~~・・

幸せだわ~~・・って心底思えたんです。

いつも客観的に冷静にニュースを見るようにしてたけど、でもやっぱり辛いニュース

や不安を煽るニュースを目にすると、知らず知らずのうちに心が揺らいでたんだなあ~~

って思いました。


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

見なくていいものは、見る必要はないのです。

心がざわつくものをワザワザ見る必要はないのです。

見なければ何もなくて済むのです。


あなたの現実は、あなたの目の前にしかないのです。

あなたの現実が平和ならば、ワザワザ平和を感じられないものを見て気持ちを落とす

必要はないのです。

それは、あなたの現実ではないのですから。


分かりますか?

テレビの中のニュースで流されているものは、あなたの現実ではないのです。

見なければそれはあなたの現実には入って来ません。

でも、それを見てあなたがこころ(感情)を揺らしてしまうと、あなたの現実に入って

しまうのです。

ニュースを見なければ世相に遅れる、他の人と話が合わなくなる・・と思い、どうしても

見る必要があるのならば、十分に注意して見てください。

これは私の現実ではなく、違う世界の話です・・と十分に言い聞かせて見るようにして

ください。


ニュースなどで楽しくない話(事故や災害、紛争など不安を煽る話)ばかりを流すのは、

あなたの波動を重くするためだということを十分に理解したうえで見るようにしてください。

そして、すべてが本当に起きたことかどうかはわかりません。

起きたように作ることも可能だということです。

分かりますか?

起きてもいない事件を、本当に起きたかのようニュースで流すこともできるのです。

そしてそのニュースであなた達の思考を支配者たちの都合の良い方向へミスリードすることも

出来るのです。


ちょっと前に起きた戦争もそうしてはじまりました。

一人の少女の(意図的に作られたウソの)証言によって、人々の感情を煽り、

そこまでひどいことをする人たちとは戦争するのも仕方ない(成敗するべきだ)と

いう風に持って行ったのです。

その少女が事実を言っているのかどうか・・誰もその時は確かめませんでした。

ただ、その少女の話を聞き、涙を見て一方的に信じ、相手国がひどいと感情を掻き立てられた

のです。

その後、戦争がはじまってしばらくして、ようやくその少女の証言が真実ではなく作られた

ものだということが分かりましたが、その時にはもう収集がつかなくなっていました。


人は誰でも感情で動きます。

経済なども理性的に動いているかのように見えますが、実は人の感情によって動いて

いるのです。

大きな戦争も結局人々の感情によって起きるのです。


感情を動かすことが出来れば、人々をコントロールすることが出来るのを支配者たちは

よく知っています。

だから、感情をゆらす映像などをたくさん何度も何度も流すのです。


ニュースなどを見る時は、霊性に冷静に見ることを忘れないでください。

ニュースで言っていることが本当に起きていることなのか? 真実なのか?・・

しっかりと自分で調べてみるようにしてください。

テレビのニュースで言っているからと、鵜呑みにして感情を揺らさないように気をつけて

ください。


本当にニュースで流されているようなことが起きているのか?・・しっかりと自分で調べて

みるようにしてください。

本当にロケットが飛んでいるのか? 本当に軍艦が近くにいるのか? 

  本当にテロが起きているのか?

テレビの中のニュースは、いくらでも都合よく編集することが出来るのです。

同じ言葉を言っていても、同じ写真や動画を使っていても、編集によってまるで違う

印象を持たせることもできるのです。

それによって、他の国?他の国の人々に対する印象を操作し、お互いを嫌いにさせることも

出来るということを理解してください。


一番いいのは、見ないことです。

見なければあなたの現実は、あなたの目の前にあるものだけになります。

あなたの目の前にないことにこころをざわつかせ、不安になることがなくなります。

そうすれば、あなたの中が平和でいられますので、あなたの現実も平和なものとなります。


情報は必要です。

知識も必要です。

情報を得て、知識が増えることにより選択肢が増えるからです。

でも、情報を得る時にはあなた自身で十分に調べ、あなたの腑に落ちるものだけにしてください。

出来ればあなた自身の目で見たことだけを信じるようにしてください。

目で見たこと以外は、実は真実かどうかはわからないのです。

だって、あなたの現実ではないのですから。


あなたに愛を込めてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。


(ここまで)


「見たくなければ見なければいいんだ」という言葉が一時流行しましたが、その言葉ではないですが

「見る必要がないと思えば見なければいい」ということですね。

情報収集のために必要ならば見てもいいですが、冷静にそして霊性に見ることと、引きずられない

ように見るということですね。

最近は多少のニュースでは驚かなくなりましたが、中には確かにやらせニュースもあります。

念入りに某俳優を使って、さらに小道具まで、これでも足りないと思えばゴーストまで連れ出して

事件を演出してテレビで大々的に報道するという例もあります。


だから、その内容に嘘がないか真実を見極めることをしないといけないようです。

そうでなければいたずらに頭の中をかき回され、右も左もわからなくなります。

それが嫌なら、見ないことです。


先日も北朝鮮のロケット発射の件は午前5時に発射されたというのに昼まで知りませんでした。

これは知らなかったから何も起きなかったと言えることなので、それでいいと思います。

知らなければ自分の現実に干渉されることはありません。かえって知り、不安や恐怖を感じる

ことが現実を引き寄せることになります。


最近の政府関連のニュースは国民の幸せに寄与するようなニュースは皆無です。

ほとんどが国民の不安と恐怖を掻き立てるか経済的負担を増やすものばかりです。

もう、放っておきましょう。

いくら騒いでも無駄です。


それより自分の環境が平和で楽しめることに感謝するべきでしょうね。







nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

ねこ

今の政府はもう末期ですね。

最近、思うことはテレビやラジオなどがなかった江戸時代の
人達の情報の取り方は、どうだったんだろう ? と。

今はロクな情報がないんで嫌になります。
でも、その中でも前向きになれる情報もあるので、そういのを
見るようにしてますよ。

5次元にいながら3次元にを作ってると言ってますが、このへんが
今後、自分の考えを変える鍵になるかな ?

とにかく考え方を変えない限り何やったって意味がないし
机上の空論状態が続くんで、考え方を変えて行動
するだけですね。自分は。


by ねこ (2017-05-15 22:21) 

ada755

ねこ 様

江戸時代の人々は口伝えが主で、それ以外は瓦版でしょう。それでも今のように大量の情報を必要としていなかったと思います。
日足りればこと足りるであり、日常を気の向くまま赴くまま過ごすのが大半だったのではないでしょうか?今伝えられている江戸時代に生活の大半は誤りのようですね。明治開花の時に多くの著書、資料が焼き捨てられ(どこかでそう読んだ記憶があります)江戸時代の様子を表すものは為政者が希望したことを描写したものだけになったのが影響しているようです。

5次元にいながら3次元を創っていると言うのはそのとおりだと思います。なぜなら思考パターンがそれまでと大きく変わっていないからですね。ただ、それは自分でよく吟味してみないとわからないと思います。


by ada755 (2017-05-16 22:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。