So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:死んでも変わらないのです」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:死んでも変わらないのです」



(ここから)

ミサイルの危機をお国の偉い方たちが一生懸命煽っていらっしゃるせいか、

核シェルターがバカ売れだそうで・・(本当かどうかわかりませんが。苦笑)

ま、それはそれで私にとっては関係ないことなので、どうでもいいんですけど

・・でもね、このニュースを聞いた時に一番に感じたのが・・・

ひとりで生き残って楽しいのかな・・ってことでした。

ひとりじゃなくて家族でもそうなんですけど、自分だけ、自分の家族だけが生き残って

どうするんだろうって思うわけです。


もし、何かの間違いで私ひとりだけこの世界に残されちゃったら・・って

想像するだけで、怖いんですけど。

だって、周りに誰もいないんですよ・・話をする人もいないし、食べるものもないんでしょ。

ありえない・・それなら、みんなと一緒に死んだ方がいい。

・・って思うのは、私だけぇ~~~??


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

死ぬときは、死ぬんです。

死なない時は、死にません。


そして、死んでも何も変わらないんです。

ここがわかれば、何も怖いものはなくなるのですが・・あなた達は”死”に対して

大きな恐怖を刷り込まれてしまっているので、これがなかなか理解できないのです。

死んでも何も変わらない・・それがわかれば、生き方も大きく変わります。


死ぬ=身体を脱ぐ=物質の身体から、エネルギーが抜ける・・それだけのことです。

車を運転していたドライバーが、車を降りる・・それだけのことなのです。

車を運転しているドライバーも、車から降りたドライバーも何も変わりませんね。

身体が車、ドライバーが意識だと思ってください。


身体を脱いでも、あなたの意識は何も変わらないのです。

あなたはあなたであって、記憶もそのままなのです。

意識もそのままです。

だから、時々自分が身体を脱いだことを理解できない人が出てくるのです。

それが、ある意味幽霊と認識されてしまう人なのです。

(幽霊については、いろいろありますのでまた別の機会がありましたら

その時お伝えいたしますね)


そして、身体を持っている物理次元と、身体という物質を持っていないエネルギーで

存在する次元は重なっています。

言葉で表現するのは難しいですね。

同じところ(空間?)に、すべては存在しています。

あなたのまわりには、3次元も、4次元(異次元)も、5次元も、10次元も同時に

存在しているのです。

ある意味、絶対無限の存在もそこに存在しています。


そのたくさん重なって存在している次元のどこに意識がフォーカスするかによって

見えてくるものが違ってくるだけなのです。

幽霊の存在している次元にフォーカスすれば(共振すれば)幽霊が見えます。


あなたはいま5次元領域にフォーカスしていますので、5次元領域の現実を体験して

いるのです。

あなたがどこに意識をフォーカスするか・・それだけのことなのです。

そして、どこにフォーカスしていても、あなたのまわりにはたくさんの存在がいるのです。

いま物理的には一人でいるかもしれませんが、違う目(フォーカス)で見てみれば、

あなたのまわりにはたくさんの次元の存在がいるのです。


だから、あなたは一人ではありません。

ただ、他の次元の存在をあなたが認識できないだけなのです。

誰もいないのに、フッと誰かの存在を感じるということはありませんか?

それは、その目に見えない存在を感じているときなのです。

でも、それは怖いものではありません。

あなたに何か危害を加えようと思っているわけではありません。

ただ、そこにいるだけなのです。

もしかしたら、その存在もあなたのエネルギーを感じて不思議に思っているかも

しれませんね。


身体を脱いで、物質ではない次元に共振すると、そこにいる人たち(存在達)が

見えてきます。(物質的な目はありませんが、エネルギーを見る、感じる目のような

物はありますので、見えてきます)

だから、身体を脱いでも孤独を感じることはありません。

たくさんその次元には存在しています。

いまのあなたの世界(物質次元)に、人(人だけじゃないですけど)がたくさん

いるように、そこにもたくさんいます。


話がそれてしまいましたので、もとに戻しますね。

ですから、最初の話ですが・・死ぬときは死にます。

死なない時は、死にません。

そして、死んでもあなたの意識は何も変わらないのです。

死ぬことを何も怖がる必要はありません。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


核シェルターがそれだけ売れるのはみんな死にたくないからですね。

もっとも、核ミサイルなんか飛んできませんから、そんな心配してまで買う必要ないのに・・・。

と思うのですが、やっぱり心配なんでしょう。


しかし、死んでも意識だけは残ると言われても、これだけは死んでみないとわかりません(笑)。

また、確かにそうだと思いますが、死んだら何が見えるのでしょうか?

次第に意識の目が開き360℃全体を見渡せるようになるだろうと思います。

肉体がないので、5次元状態と同じ感覚になることでしょう。


死ぬときは死ぬ。ただ、それがいつになるかだけです。

肉体も永遠に生命を維持できるわけではないので、いつかはそれが訪れるでしょう。



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

お名前(必須)

アシュタールの言葉を知っている私たちにとっては
自分たちは気づいていないかもしれないですが
価値観、考え方がある点において全然違うんでしょうね
当然、感じ方も変わってくると思います
by お名前(必須) (2017-05-03 13:26) 

ada755

お名前 様

確かに、アシュタールのメッセージを毎日聞いておられる方は気づいているいないにかかわらず全く世間的な考え方は離れてしまっていると思います。そのため、一般の人とは意見が合わないことも多いかと思います。どちらが正しいかどうかというより、自分がどちらを好むかの問題ですね。


by ada755 (2017-05-04 01:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。