So-net無料ブログ作成

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:”「個の時代”は信頼関係で成り立つ社会です」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:”「個の時代”は信頼関係で成り立つ社会です」


(ここから)

昨日のツイッターより・・・



電車内で 「すいません」  (そこのあなた、忘れ物しましたよ)

「すいません」  (ああ、これはご親切に。ありがとうございました)

「すいません」  (いえいえどういたしまして。いきなりお呼び止めして失礼しました)

という高度な圧縮言語による会話が交わされている


・・・あるある、って言うかすごい^0^

それってテレパシー・・・だよね、アシュタールぅ~~

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します

そうですね・・あなた達は、もうすでにずっとテレパシーで会話して

いるのです。

普通に、当たり前に・・・・・・

ただそれがテレパシーだということにフォーカスしていなかった

だけなのです。


あなた達は最近になってテレパシーという言葉を知りました。

だから、それが何だか特別なことで自分には出来ないと思ってしまっている

だけのことなのです。


誰でもしていることです。

あれあれ、それそれの会話もそうですね(笑)

名前が出てこない、あ~あれよあれ・・

あ~、わかった、あれね、あ~、私も名前が出てこない・・

そう、それそれ・・


この会話、ものすごく高度なテレパシーによる会話だということなのです。

名前が出てこない・・と言うところにばかりフォーカスしてしまい、この会話は

悲しいものだと思ってしまっていますが、そうではなくこの会話はすごいんです。

名前など必要ないんですから(笑)

すべてエネルギー場でその人物?もの?のエネルギーを共有して、

理解しあっているのです。


この例からも、あなた達は言葉で会話をしているのではなく、ほとんどが

エネルギーで会話をしているということがわかると思います。


目を見ればわかる・・と言うのもテレパシーの一種です。

近しい間柄なら、目を見ただけでだいたいのことはわかりますね。

目くばせ一つで会話がなりたつ・・そう言うことはよくあることでしょう。


これからどんどんこの感覚が鋭くなっていきます。

エネルギー場での会話が成り立つようになっていきます。


ただ、エネルギー場での会話(テレパシーでの会話)では、ウソがつけません。

すべてわかってしまいます。

口では違うことを言っていても、それは本心ではないことがわかってしまうのです。

だから、最近はいろんなことが表面に出てくるようになったのです。

いままで隠せていたことが、隠しきれなくなっている・・と言うのは、あなた達の

テレパシーの感度が上がってきているからです。


ん? 何か違うよね・・と思うのはエネルギー場で受け取っているからです。

言葉と本心が違うとエネルギー場でわかってしまうからです。


いままでもそうでしたが、これから気持ちの良い人間関係を築きたいと思うなら

本心で話をするようにしてください。

そうすれば、信頼関係が出来るからです。


利害関係での付き合いは、いつも緊張感を伴います。

緊張感のある関係は、気持ちもいいものではありませんね。

信頼関係を築けないからです。

だから、あなた達の社会は、苦しい閉塞感のあるものとなっているのです。


利害関係での付き合いはもう限界が来ています。

それはあなたにも分かると思います。

本心を隠している人を、もう信頼できなくなっているからです。

それは、エネルギー場ですべてわかってしまうからです。


いくら利害関係で一致したとしても、次に利害関係が一致しなくなると

その関係は簡単に崩れてしまう・・ということがわかるから信用しませんね。

お互いいつその関係が消えるか、、ドキドキハラハラしながらの関係は気持ちよく

ありません。

(もちろん、そういうゲームをしたい方はそれを楽しめばいいと思います。

私は、気持ちの良い関係を望む方へお伝えしています)


横並びの”個の時代”は、信頼関係でなりたつ社会です。

そちらに向かっている方は、それを大切にしてください。

そのためには、本心で話をする・・ハートを開くことが大切になります。

我慢や自己犠牲は、本心ではありません。

ハートを開くためには愛(尊敬と感謝)が必要です。

相手に尊敬と感謝の気持ちが持てれば、本心を話すことが出来ます。


そして、相手に尊敬と感謝の気持ちを持つためには、まず一番に自分を尊敬し

自分の存在に感謝することが必要なのです。

自分を尊敬し、自分の存在に感謝するためには、自分を偽っては無理なのです。

我慢や自己犠牲は、自分を偽っていることになるので、それをしていると愛の

エネルギーが枯渇してしまいます。

エネルギーが枯渇すると、ハートを開くエネルギーがなくなってしまうのです。

相手にハートを開く(自分の本心を話す)というのは、あなた達にとっては

慣れていませんので大きなエネルギーを必要とします。


同じことの繰り返しになってしまいますが・・だから、自分を大切にしてください。

自分を大切に出来ると、愛のエネルギーが戻ってきます(湧いてきます)

そうすれば、相手にハートを開くエネルギーが出てきて本心を伝えることが

出来るので、愛に満ちた気持ちの良い信頼関係を築くことが出来ます。


あなたはもうすでにいつも言葉ではなく、テレパシー(エネルギー場)で会話を

しているということを認識してくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


もう、近しい人との間では言葉ではなくエネルギー場で会話しているような気がします。

電話していても、細かいことは言う必要もなく要点さえ伝えればそれで済むという感覚ですね。

ただ、それをそうと意識しているわけでもありませんので、自然にそういう風に変わって行って

いるものと思います。


また、第一印象というのも以前とはちょっと違うような・・・・。

大体あっているというか・・・。

そんな感じになるようです。


でも、気にしないで自然にふるまうのがよさそうです。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0