So-net無料ブログ作成
検索選択

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:すべてはタイミング!」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:すべてはタイミング!」




(ここから)


今日の破・常識!




待つということは・・楽しいこと・・・らしい(笑)


そして、早ければいい・・というものではない・・・らしい(笑)




では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。







「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

待つ・・ということを楽しんでください。

よく忍耐力をつけてください・・と言われますが、

待つことは、そんな修行のように

考える必要はないのでは無いですか?

待つということは・・楽しいことです。

例えば、種を植え、花が咲く時を待つ・・ひと時・・

どんな花が咲くのか? 

ワクワクしながら待つ喜びを思い出してください。

花が咲くのを忍耐をもって待ちますか?

種を植えて、すぐ花が咲かないことはわかっていますから、

その過程を楽しむことを知っています。


すべて、そのタイミングがあります。

早ければいい・・というものではありません。

特に子供の成長・・というのはタイミングがあるのです。

何もかも早くできればいい・・のではないのです。

じっくりゆっくり育つと根がしっかりとした 

少しのことでも揺らぐことのない太いエネルギーになります。


そして、子供のことになりますが、

すべてが平均して出来ることを目的としないでください。

子供に限ったことではありませんが・・・

すべて平均して出来ることが優秀なのではありません。

何か一つ好きなこと、自信が持てることがあればいいのです。

それを探してください・・子供は、自分で探します・・

子供を信頼して放っておいてあげてください。


種を植えてから花が咲く(実がなる)のに時間がかかるように

何かを見つけ、それが出来るようになり 

自信がつくようになるまで時間がかかります。

その時間をいろいろと楽しみながら 

ワクワクしながら待っていてください。

種を撒けば、その種の生命力を信じ 

任せきり ただ待っていてください。

本当に芽が出るのか?・・と疑い土を掘り返すような

愚かな真似はしないようにしてくださいね。

必ず芽は出るのです。 

それを信じ切って待つことを楽しんでください。

忍耐力を・・待つ喜びに変えてください。

言いたいことが伝わっているでしょうか?

生きることを眉間にしわを寄せて深刻にとらえないで、

リラックスし、起きているすべてのことを

楽しむようにしてください。

そうすれば、波動は軽くなり 

あなたのまわりの状況も軽くなります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


アシュタールが子供たちと言っているのは私たちのことを指しているのだと思います。

波動が軽くなるにつれていろいろ思い出す人々が増えてくるのだろうと思います。

そのときに、自分はまだだからダメなのかもしれないと考えるのはナンセンスだと

いうことを言いたかったのだと思います。


人それぞれ、もって生まれた肉体の状態や育った環境が異なりますので、ひとによっては

変化に敏感に反応する人もいるだろうと思います。また逆に何も感じられず普段の日常

生活を送っているひともいるだろうと思いますが、それは当然のことなのです。

インフルエンザにしても罹りやすい人もいれば、ほとんど影響を受けずに一冬過ごして

しまう人もいます。これはその人の持つ身体の状態や心理的状態が個々それぞれ異なる

からです。身長が低い人もいれば、高い人もいるように、体重が軽い人もいれば重い人も

いるように、千差万別です。生まれつきチャクラに敏感な人もいればそうでない人もいます。

それでも、波動が次第に軽くなってくればチャクラの反応が鈍かった人も反応するように

なります。その間は今まで通りの生活を心行くまで楽しんでくださいということのなのでしょう。

もしかした、ここを卒業すれば次に同じ体験をしようとしてもかなり待たされることになるので

今いるうちに思いっきりその環境を楽しんでくださいということです。それが待つということ

だろうと思っています。焦っても仕方ありません。すでにレールは敷かれているのですから

電車が来るのを待っていれば必ず乗せてもらえます。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。