So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「ミナミさん:何か変なパラレルに行っちゃった??」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「ミナミさん:何か変なパラレルに行っちゃった??」



(ここから)


一昨日ですけどね、なんで? どしたの? 今日は何があった?・・って言うくらい

トラブルが続いたんです。

ま、トラブルって言っても小さなことですけど・・・小さいけど、いくつも重なると

結構メンタルにきます(苦笑)

どうして私今日こんなことばかり起こしてるんだろう??・・って、何か変だよね・・

なんか変なパラレルに行っちゃった?

で、、ちょっと考えてみたら・・・これか!って原因がわかったんですよ。

あ~、言いたいことを我慢したわ・・って!


あ~、もう、ちょっとした我慢でも、こんなにすぐに我慢の回路が開いて、

なんだかなぁ~・・の現実を創造しちゃうのねぇ~~・・って

実感したミナミなのでしたぁ~^^;



では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

見ている現実が、あなたにとって面白くない、スムーズではないと思う時、いつもと違う

ことをしなかったか? 我慢しなかったか? 妥協しなかったか? ちょっと思い出して

みてください。


なんだか、身体からパワーが無くなっているような気がするときも同じです。

急にやる気がなくなったり、力が出ないと思う時、何か原因があるのです。

それは、見ている現実に原因があるのではなく、その前にあなたが思考した

ことに原因があるのです。


思考が先、現実があと!

我慢するという選択をしたから、スムーズではない現実を、あなた自身が創りだしたのです。

外(現実)を変えようとしてもそれはうまく生きません。

あなたの思考のどこに原因があったのか?・・を探してください。

原因がわかれば、スムーズな現実に戻すことが出来ます。



たとえば、言いたいことを我慢したことに原因があると思いついたなら、いまそれを言って

ください。

過去のその時に戻るイメージをして、その時言いたかったことを言ってください。

それですっきりします。

その人に実際に言わなくても構いません。


過去の記憶(イメージ)の中で、言いたかったけど我慢してしまった言葉を言ってください。

それによって、そこからの過去から続くパラレルワールドをかえる(移行する)ことが

出来るのです。


妥協してしまったこともそうです。

妥協しなかった過去を、意識の中でイメージしてください。

そして、私はこちらの現実を選択します・・と宣言してください。


あなたの記憶にある過去はかえることは出来ませんが、あなたが宣言することで、記憶の

過去と宣言した後の過去のエネルギーがかわりますので、その後の現実がかわってくるのです。


言いたくて言えなかったことを我慢して、ずっとムズムズ?イライラ?した気持ちでいると

ずっとそのエネルギーを引きずりますので、現実もそのエネルギーに適したものとなって

なにをやってもスムーズに行かないことになるのです。


でも、意識のなか?イメージの中?だけでも、言いたいことを言えばすっきりします。

すっきりすれば、ムカムカやイライラも消えますね。

ムカムカやイライラのエネルギーを切ることが出来ます。

そしてすっきりしたあなたのエネルギーが次の現実を創造しますので、次はすっきりした、

スムーズな現実となるのです。


このようにエネルギーラインを変えることは、とても簡単なのです。

難しいのは、あなた自身がそれをしっかりと出来るかどうか・・それだけです。

言いたいことを言いながら、まだ引きずっていればラインを変えることは出来ません。

分かりますか?

そこには、絶対にラインをかえる、もう前のラインはしっかりと切る・・という覚悟?決意?

が必要になるのです。


自分を振った相手をいつまでも思っているのではなく、もうきれいさっぱり忘れます・・という

決意と同じ感じでしょうか?(笑)

忘れますと言いながら、その人が使っていたものをいつまでも手もとに置いておいて、それを

見るたびにその人を思い出すようなことをしていては切れません。

未練はきれいさっぱり捨て去る・・という覚悟です。


過去のエネルギーをしっかりと切ることが出来れば、その過去はいまとはまったく関係ない

ものとなります。

過去は過去、いまはいま・・そう思えれば過去など何も気になくなります。


そして、いまの現実を自由自在に好きなように創造することが出来るのです。

”いま”は、過去の続きではない・・ということを理解してください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。