So-net無料ブログ作成
検索選択

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:(完)あなたが望む現実が実現しないのは・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:(完)あなたが望む現実が実現しないのは・・・・」



(ここから)

今日の破・常識!




今の次元・・思考の次にくる基本は、行動!・・・らしい(笑)



「あなたが望む現実が実現しないのは」のシリーズは、今日で、一応 終了です!

まだまだたくさん話したいことがあるみたいですけど(笑)

波動(エネルギー)について・・・

もっと私たちの認識が変われば、理解できれば・・

皆が自由に表現し、愛と調和の楽しい世界が創造できると思います!


では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。







「こんにちは、こうしてお話ができることに感謝します。

思考はエネルギーであり、現実化する・・ということについて、

とても大切なことですので、もう少しお話させてください。

今から話すことは、エネルギー(波動)の話になりますので、

言葉にするには限界があります。

ですので、言葉だけをとるのではなく、

それに乗っているエネルギーを感じ、

ハートで理解するようにお願いします。



まず、思考はエネルギーである・・ということは真実です。

思考はエネルギー、エネルギーは波動・・

すべてのものはこの波動でできています。


思う・・そのことで波動が発生します・・

そしてそれが現実を創造します。

ですから、まず一番 最初にあるのが・・

思う(思考する)ということです。

思わないことは、なに一つ創造出来ません。

ありとあらゆるものすべてが誰かの思考の創造物なのです。

ここまでは、大丈夫でしょうか?


・ 行動する

そして、次に必要なのは、その思い(アイディア)を、行動に移す・・

ということです。アイディアだけでは、

今のあなたの波動の次元では物質化(実現化)は出来ません。

どんなもの(事)でも、行動が伴わなければ創造出来ないのです。

これは、あまりにも当たり前過ぎて 

忘れられがちですが、思考の次にくる基本です。

行動しなければ、それはただのアイディアで終わってしまいます。

誰かの頭の中に電球のアイディアが浮かんで、

それを作りたいという思いが出て、

そして思考錯誤を繰り返した(行動した)結果 

電球が実現化したのです。


・ 実現化しない時の理由


自分で実現化を疑いキャンセルしてしまっていることが多々あります。

一生懸命思考している横で・

・自分には無理だ・・高望みだ・・などできない理由を並び立て・・

出来ないという思考のエネルギーを出してしまっていることがあります。

それは プラスとマイナスで 0 にしてしまっているのです。


あとは、すぐに具現化しないからといって、

目標を変えてしまうときもあります。

大きな願いほど 時間がかかります・・

それを待てずに 変えてしまう・・

海を行く大きな船をイメージしてみてください。

右に舵を切っても、小さなモーターボートのように

すぐに方向を転換できません・・

そして目印のない海の上では、本当に動いているのかわからない・・

という疑いが出て来て 自分で舵を切り直し(変更し)てしまうために

目標に到達できないのです。


・ マインドの願いよりも ハートからの願いのほうが実現しやすい


山登りの話がありましたが・・

何のために、登るのか?ということも関係してきます。

高い山に登ることで、何かマインド的に利益があるのか?

有名になる・・お金をもらうことができる・・

などの思いは マインドからのものです。

そして、ただ何となくだけど、理由は言葉では表せないけど、

でもすごく登りたい・・ただそれだけ・・

その思いは ハートからのものです。

ハートからの思いの波動は とても強く、

マインドの何十倍も高く 現実化できるのです。


ですから、ふっと思ったことが・・ストンと腑に落ちたことが・・

ハートがウルウルしたことが、簡単に現実化した・・

というのは、そういう理由です。

マインドは 否定のエネルギーを出すことが多いですので、

マインドの何の邪魔もなく素直に 

ハートから思ったことは、現実化しやすいです。

最初は ハートで素直に思っていても

途中からマインドが強くなって来ると、

現実化出来なくなることもあります。



・ 行動しなくても、現実化するのはなぜ?

行動していないように見えますが、

実はしっかり行動しているのです。

思考したことは 忘れていても 

キャンセルしない限り 現実化は進んでいます。

先ほどの 大きな船の例にありましたように、

しっかりと目に見えてわからなくても

舵を切ればそちらの方向に向かいます。

そして、船に任せていれば

(ハイヤーセルフ、潜在意識・・呼び方はなんでもいいです)

気が付けば、そこへ運んでくれている・という状態です。


ですから 意識してそちらに向かって行動していなくても、

知らず知らずのうちに、そちらに向かって行動しているということです。

そして気がついたら願いがかなっていた・・ということが起きます。

その場合、自分も周りも 何も行動していないように見えるだけです。

水面下(潜在意識、ハイヤーセルフ)では、

しっかりと行動しているのです。

何となく入った本屋さんで、本を買ってきたら 

その中に求人広告があって、

それを見たことで 就職できた・・ということがあったとします。

それは、直接就職とは関係ない行動ですが、

でも結果的に就職の思いはかなったということです。

これは、舵を切ったから叶ったのです・・

そして、素直に直感にしたがって行動したから、

情報が目に留まり・・思いが実現した・・ということです。



・ どんなに願っても実現しないのはなぜ? 

大きい目(ハイヤーセルフなど高次元から見て)

現実化しないほうがいい思考もあります。

どんなに3次元的に思考して、願っても、危険な時や、

自分のブループリントからかなり外れてしまうときなどは、

実現化しないことがあります。

それは、誰がしているのではなく・・

自分(高次の自分であるハイヤーセルフ)がしていることです。


少し話は ずれてしまいますが・・

たとえば、どうしても行きたいコンサートがあるのに、

チケットが取れない・・

チケットが取れても何かの事情で行けない・・などの時は、

何か危険だとかの理由で 

高次の自分が行かせないように止めていることがあります。



理解していただけましたでしょうか?

まだ話したいことはあるのですが 

話が長くなってしまいますので、

また別の機会にいたします。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


もう少しアシュタールの話を聞いてみたかったですね。

でも、動画でアシュタールのメッセージを読んでいると視点が一か所に集中するので

言いたいことがスッと入ってきます。言葉の裏にあるアシュタールの言いたいことが

わかるようになります。


行動することのひとつに「言葉にすること」というのもあると思います。

頭の中で思い浮かべて、次にそれを実際に言葉にして発声してみるということです。

そうすると、自分の思いが体に叩きこまれるので現実化も早くなるし、第一やる気が

生まれてきますね。言葉にして他人(同僚・友人・兄弟・親など)に宣言するというものです。

ただ、思っていただけのものがやらざるを得ないものになります。

それが現実化を早めることにもなるのではないでしょうか?


でも、最後の「行動しなくとも現実化する」という部分が少しわかりにくかったですね。

そのような体験がないからかもしれませんが、何かのくじに偶然に当たるなんてことが

それに該当するのかな?と思いました。

忘年会の余興でビンゴゲームがありますが、何か知らず知らずのうちにヒットして当たって

しまったという場合は、ハートがその商品を望んでいた?????

そして、何も意図してないのに偶然が重なったようにして起こる出来事なんかもそれに

当てはまるのだろうと思います。ただ、それ以前に自分がそのことを意図していたことを

すっかり忘れていた出来事かもしれません。

あるいは何かいいことがありそうだという予感みたいなものがあるだろうと思います。

そうして、突然起こる思いがけない出来事に・・・・。

まだまだいろいろありそうですね。














nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。