So-net無料ブログ作成
検索選択

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:(続)あなたが望む現実が実現しないのは・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの挑戦「アシュタール:(続)あなたが望む現実が実現しないのは・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!



思考が現実化しない・・には、理由がある!・・・らしい(笑)




前回の記事の続きになりますが、

アシュタールは、思考は現実になる・・って言うのに、

どうして、私たちは・・・

思考しても現実にならないことが多いのか? 

その理由をアシュタールが教えてくれました。

では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。






「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたの中の思考が投影されて、今の現実がある・・という話ですが、

あなた達のいた3次元というのは、とても波動が重い次元ですので、

何か思考しても それが現実として

表面に現れるのに時間がかかるのです。

水を動かすのと 粘度の高いゼリー状の液体を動かすのとを

イメージしてください。水は少しの刺激ですぐに波動を伝達できますが、

ゼリーは重く水のようなわけには 行きません。それと同じです。

そして、思考は その時間を待てない・・ということが多いのです。

分かりますか?


例えば、あなたが大きな船の舵を持っていると考えてください。

船を左に方向転換しようと思い舵を左に回します。

でも、船は大きい分ゆっくりゆっくりと動きます。

船に乗っているあなたは 

まるで全く左に方向転換していないかのように感じるでしょう。

特に目印がない海の上では、動いている実感がわきません。

そこであなたは不安になって舵を右に動かしてみます。

そうすると船はそのあなたの命令どおりに右に動きはじめます。

それでもあなたは船がちゃんと動いているか不安になり、

また左へ動かしたりしてしまいます。

かなり無理な説明になりましたが、

このようなことをやってしまいがちなのです。


船にはちゃんと方向を示す計器があって

このようなことは起きませんが、

人生においてこのような方向をしっかりと示してくれる

機械はありませんから、

自分の現実が本当にそっちの方向に動いているのか・・

はっきりと分かりません。

ですので、思考を変えてしばらく経っても

現実があまり動いていないと、

不安になって違う思考をしてしまうのです。

左に舵をきって、船はゆっくりゆっくり進んでいるのに、

それが実感できないために不安になって 

今度は左にきった舵をキャンセルしてしまうのです。

理解できますか?


これが、こうなりたい、こうしたい・・と思っても実現化しない理由です。

ですので、思考を変え、環境を変えたいと思ったら、

思考を変えた時点で自信を持って

辛抱強くそれが現実化するまで待っていてください。

そしてその変化に一喜一憂せずに そのことにあまりフォーカスせず、

後は船に任せて、あなたは別のことをしていてください。

そうすれば船が確実に動いていることを実感できるでしょう。

ただ、もしかして左に行ってはいけないときがあります。

例えば左には大きな氷山があって 

そのまま左に進めば船は衝突してしまう・・という場合です。


これは、あなたのハイヤーセルフが俯瞰で見ていて 

危険だと判断した場合などは

左に行くことを阻止されることもあります。

こうして、思考が実現しない・・

ということもあり得るということも理解してください。

これで、現実化しないことの説明になったでしょうか?

あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール!

(ここまで)


まだ3次元に近い5次元世界は濃密な部分が多いので現実化には時間がかかるという

ことになると思います。もう少し波動が高くなればそれも少しずつ解消していくことでしょう。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0