So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:子どもたちには何も教える必要はありません」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:子どもたちには何も教える必要はありません」



(ここから)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

子どもたちには何も教える必要はありません。

教育はしなくてもいいのです。


もし、どうしても何か教えたいと思うのならば、”愛”を教えてください。

(”愛”というのは、すべてに対する”感謝”と”尊敬”です。

恋人や親子など特別な人に対して、特別に優しくしたりするのが私のお伝えしている

”愛”ではありません。)


それも、言葉ではなく、まわりの大人たちが実践することで伝えてください。

”愛”は言葉で伝えられることではありません。

実践によってしか伝えることが出来ないのです。

分かりますか?

まわりが”愛”から遠く離れてしまっているのに、いくら”愛”が大切です、友達や

家族を愛しなさいと説いたところで何も伝わりません。


子どもは、まわりの大人達の実際の生活から学ぶのです。

知識を教えるのが教育ではないのです。

そんなものは、子どもたちが勝手に覚えます。

興味があることは、どんどん吸収していきます。


そして、躾ける必要もありません。

マナーなど教える必要などないのです。

そんなことは、”愛”さえしっかりと伝えておけば子どもたちは自分で身につけます。


転ばぬ先の杖・・何かしようとする先から心配して手を差し伸べることが、

大人たちの優しさではありません。

それはかえって子供たちには迷惑なことなのです。

子どもたちには力があります。

自分で経験して、それを糧に自分で覚えて行くのです。

自分の経験から得たからこそ叡智となるのです。

その大切な経験を取り上げてしまい、知識だけを教えてしまうとそれを使うことが

出来なくなり、いつも誰かを頼ることになってしまいます。

自分には出来ないと思うようになってしまうのです。


大人たちが子どもにしてあげられるのは、自分たちが”愛”を実践する姿を見せること

だけなのです。

”愛”を知っている子は、いじめはしません。

盗んだり、人を傷つけたりしません。

人がイヤがることもしません。

そして、自分自身を傷つけるようなこともしません。


盗んではいけません、いじめをしてはいけません、人のイヤがることをしてはいけません・・

と言わなければいけないのは、大人たちが”愛”を実践していないからです。

しっかりと躾けなければいけないと思うのは、大人たちが”愛”を知らないからです。


子どもたちを放っておいてあげてください。

放っておけば、ゲームばかりして、夜更かしをして、学校にも行かなくなって、手伝いも

しないし、ろくなことにならないです・・という意見をよく耳にしますが、それは放って

おいてないからです。

大人の都合で押し込めてしまうから、することがなくなり室内のゲームをすることに

なってしまうのです。

勉強、習い事、その合間に好きなことをしてもいいよ・・という制限付きの自由では

子どもたちは自分の好きなことを見つけることが出来ません。

少しの時間で出来るのは、ゲームだけになってしまいます。

夜更かしをするのは、起きているときに精一杯楽しいことをしていないからです。

学校に行かなくなるのは、学校がつまらないからです。

手伝いをしないのは、大人がつまらなそうにしているからです。

(イヤイヤ料理を作っているのを見れば、料理はイヤなものだと思ってしまいますから

自分もやりたくないと思うのです)


そして、外で遊ぶ場所も何かあったら困るからという理由で取り上げられてしまっています。

いえ、広い公園もあります、そこでは思いっきり遊べます・・というかもしれませんが、

それさえももう制限付きの場所だということですね。

ここで遊べば安全です・・という場所ですね。

それでも、ボール遊びはダメです、遊具は危険のないものだけ、犬も入れません、人工的な

池などあったとしてもそこには入らないでくださいなど・・制限ばかりではないでしょうか?


大人たちの都合(怪我や事故などあったら困る、心配)などで、子どもを囲い込んでしまって

いるのです。

それは、放っておくのとまるで反対なのです。


長くなってしまいました。

子どもをどうやって教育して良いのかわからない・・と思うとき、このメッセージを思い出して

いただければうれしいです。

”愛”を知っている子は、何も心配いりません。

何も教えなくても、自分で見つけ、考えることが出来ます。

マナーなどを躾けなくても、自分で身につけます。


その子にこのような人になって欲しい・・と思うなら、大人自身がそうなってください。

大人たちが”愛”を実践していれば、いま子どもたちに対して心配していることなど起きません。

いじめをやめさせようとするのではなく、子どもではなく大人たちの行動を見直してください。

子どもがグレると心配するなら、大人たちの行動をまず変えてください。


また長くなりそうですので、今日はこの辺にしておきたいと思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」

ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


昔からこどもは親の背中を見て育つと言われますが、まさにそうですね。

寝ることは育つは十分な睡眠を与えてあげればけがや病気をしても治りは早いですし

心の病を患うこともありません。時間を守らせるために無理やり押し付ける時間管理は

かえて睡眠不足を招き心身ともに健康を損ないます。


とはいえ、親が愛を実践していないというのは事実ですね。

生活が苦しくとも、環境が厳しくとも親が愛にあふれていれば子供は不自由せず、そのなか

から必要なことを学び取り、自分自身で道を切り開いていくものです。

なぜなら、子供の方がマインドよりハートに近い心を持っているからですね。

大人は様々な常識や通念、そしてマインドが邪魔してハートの思いをつかむことが

へたくそだからです(笑)。


しかし、このようなことを一般の人が聞いたら、驚愕するというか反発するでしょう。

とんでもない、何も教えなくていいなんて、冗談じゃありません。と言う世間のお母さん方の

声が聞こえてきそうですね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0