So-net無料ブログ作成
検索選択

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:私たちがみなさんにお伝えしたいのは・・・・」 [アセンション]

世にも不思議な奇妙なフツーの話「アシュタール:私たちがみなさんにお伝えしたいのは・・・・」



(ここから)


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

私たち宇宙ファミリーがお伝えしているメッセージをお使いいただければ

うれしいです。

私たちがお伝えしているのは物の見方、考え方、価値観です。


あなたの現実は、あなたの物の見方、考え方、価値観が反映されたものです。

あなたの物の見方、考え方、価値観が、あなたの現実を創っているのです。

思考が先、現実があと・・

私たちが毎日お伝えしているのは、はっきり言ってこれだけです。

これをお伝えするために、毎日いろいろな角度からお話しさせていただいて

いるのです。

こういう考え方もありますが、いかがですか?・・とお伝えしているだけなのです。


例えば、こんなことが私の人生に起きたのは、あの人が悪いからだ・・と

人のせいにばかりしているより、この現実は自分が選んで創ったものだと

思えるようになれれば、あなたの自由度は大きくなります。

自分が主(自分が創った)と思えれば、自分で変えることが出来るからです。

でも、人のせいにしていれば、自分が主ではなく、その人が主になってしまうから

自分ではどうしようも出来ないと思ってしまい、自分で変えることが出来なく

なります。

ちょっとだけ違う視点で見ることが出来るようになるだけで、

現実は大きく変わるのです。


あなたのいまの現実が面白くないと思うものであれば、あなたの物の見方、考え方、

価値観を違うものにすればいいのです。

面白くなる、楽しくなるには、こういう考え方がありますよ・・

と私達はお伝えすることは出来ます。

でも、それを使うかどうかはあなたの選択なのです。

私たちには、あなたの思考、物の見方、考え方、価値観を強制的に変えることは

出来ません。

そんなことは誰にも出来ないのです。


あなたの現実は、あなたの毎日の生活の中にあります。

ですから、あなたの実際の生活の中で私たちの情報を使っていただきたいのです。

(もし、私たちの情報が腑に落ちるものであるならば・・ですが)

特別な場所に置いておくのではなく、日常使いのペンやナイフのように毎日実際に

生活の中で使っていただきたいのです。

私たちのメッセージは特別なものではありません。

実際に日常に使っていただけるようにお伝えすることを心がけています。

たとえ話も出来るだけ日常の生活に沿ったものにしたいと思っています。


日常の生活で使うことで、日常の生活も変わっていくのです。

そして、使うことで使いやすく、使い慣れて来ます。

少しずつ意識しなくても出来るようになるのです。


無理に私たちの物の見方、考え方、価値観を押し付ける気はまったくありません。

ただ、楽しく暮らしたい、豊かに暮らしたい、ご機嫌さんでいたい・・それには

どうすればいいですか?と聞かれれば、こういう考え方、価値観があります・・

とお答えするだけなのです。


私たちは神でも、天使でも、守護者でもありません。

私たちは、あなた達と同じ存在です。

あなたは私、私はあなた・・ですから、あなたがご機嫌さんでいると、その波動を感じ

私もご機嫌さんで楽しくなれるのです。

あなたに楽しく豊かで、ご機嫌さんでいて頂きたいと私たち宇宙ファミリーは心から

思っています。


どうぞ、私たちのメッセージが腑に落ちたなら、実際に日常の生活の中で使ってください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


これから進む5次元の世界は自分が現実を創っていく世界なので、自分が現実を創っている

あるいは現実を創るというやりかたに慣れていくしかありません。

そのために必要なのはその考え方に変えていくことです。

しかし、アシュタールが言うように無理にそうしないといけないということではなく、あくまでも

自分自身が決めることです。

もし、本当に自分が現実を創れるようになるなら、今のような世界とはかなり違った世界が

出現するだろうと思います。しかし、それも今すぐというわけにはいきませんので徐々にです。

もしかしたら、それは生きている間には無理な人もいるかもしれませんが、少なくともそういう

考え方があるということを実感できるだけでも良い体験になるのではないでしょうか。


改めて考えてみても、世界中では実に様々なことが起きています。

現に、今日はフランスのルーブル博物館で男が刃物を振り回し、警備員の発砲で取り押さえ

られた事件がありました。一方では初めて来日しているマティス米国防長官が尖閣諸島も

日米安保条約範囲に含まれると初めて明言したことも大きな話題になっていますが、その

どれもがすぐに自分の現実を大きく塗り替えるものではないことは確かです。

つまり、外に映っている現実とまじかにある現実は違う世界だということです。

それらは自分の現実を支えるスクリーンに映し出された映像のようなもので私たちの現実に

彩を加えるものでしかないということになります。

戦争は起きないと思えば起きないもので、第二次世界大戦は過去の出来事でしたが、あの

戦争も体験したいと望んだ人々が繰り広げたものだったかもしれません。そのため体験したく

ないと思った人は不慮の事故や突発的な急病で早く亡くなるかしてこの世界を離れていた

可能性もあります。

数日前、この3次元の世界は宇宙の果てにある2次元の幕から投影されたホログラムである

という証拠が見つかったというニュースがありました。

私たちが今DVDで映像を見ている元の実態は銀色に輝く円盤です。その中にデジタル数字が

書き込まれ、それを2次元の映像として映し出しますが、同じように、2次元の幕を通過した

光のエネルギーが3次元+時間の現実として現れるということです。大きく違うのはDVDは見る

だけですが、3次元ホログラムは触れる実体を伴ったものすごくリアルで精巧なものだという

ことです。いったいだれがこのような仕組みを作ったんでしょうかね(笑)。

そう考えると、私たちの世界は体験するために作られた3次元のステージとも言えます。

そこでは自由に演じ、体験し、味わい、そしてそれを繰り返しながら新たなことを体験する

ということを続けていきます。だから、制限はなく、あくまでもそのシナリオを創るのは自分

です。それが今までは自分で創っているものではないと、運命があって決まっているんだと

教え込まれていたためになじめないだけです。

もう、そろそろ考え方を変えていく時期に近づいているだろうと思います。




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 1

お名前(必須)

光の銀河連合からのメッセージによると
どうやら地球人は、精神が湿っぽくなって
全体的に抑圧し、自分に対して不快感を持たせる
闇の攻撃をしばしば受けているそうです。
本来、人間は、自分に対して不快感を持たないそうです
そして、その攻撃は人の気づかないあらゆる方法で行われています。

シートベルトを締めて、アセンションに進みましょう。
by お名前(必須) (2017-02-04 09:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0