So-net無料ブログ作成

脳と意識、そしてアセンションに重要な役割を果たす松果体と微量金属 [アセンション]

今回はちょっと趣向を変えて脳と意識を中心に考えてみたいと思います。
「次元について」の別バージョンみたいなものです。すべてがつながっていますから。

Muu Free Clubで「希望の命水」というのを扱っている会員の方がおられますが
この「希望の命水」を開発された社長がキーシャ・クラウザー(地球の叡智継承者12
人のうちの1人と言われている)とお会いしたときに、この「希望の命水」を手に取って
「この水は、日本人の覚醒をうながす貴重な水です」と言われたようです。
キーシャ・クラウザーについてはこちら
http://www.youtube.com/watch?v=hKYMcfZMHNo

この一言から、なぜ、そうなのか?と私なりに、いろいろ調べていくうちに脳の中
でもあまり知られていない「松果体」という器官に行き当たりました。実はこれこそが
覚醒のために重要な器官だったんです。

この詳細をこれから書きますが、大変重要なことです。現代はこの松果体の機能を
低下させるためにフッ素が利用されています。あの有名な低学年学童児から中学
生に至るまで「虫歯予防のための口洗浄」という目的で危険にさらされています。
内容は後述しますが、「希望の命水」はこのフッ素を追い出してくれる役割を果たして
くれるようです。つまり、松果体の機能を正常に戻し、覚醒を早める条件を高めると
いうことです。

この「希望の命水」について知りたい方や購入を希望される方は以下のホームページ
を参照してみてください。
http://yamashimayasima.cart.fc2.com/ca5/8/p1-r5-s/

また、松果体は脳の筋肉と言われ、自在に動かせるようです。このトレーニングを行う
ことも松果体の機能を高める方法として有効のようです。
ぜひ、このサイトもご覧になってみてください。
http://ameblo.jp/5atsushi5/entry-11498694566.html
また、サイト作成などで収入を考えている方には個人セッションも行っているようです。
これからは会社に頼らず個人で生活設計を立てていく必要性が生じるかもしれません。
特にTPPが導入されると、その傾向が強くなると思います。
個人セッションはこちらから
http://5am5.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

なお、お申込みにあたっては、会員No031adaと書き添えてください。


それでは、ここから

ところで、私たちはいろいろなものを考えるr時、どこで考えているとお思いでしょうか?
脳でしょうか?それともハート、あるいは自我と言う意識?
たいていの人は脳が考えていると思うかもしれませんが、果たしてそうでしょうか?


ここに面白い実験結果があります。

button.jpg



上の図は、『Nature Neuroscience』誌に発表された研究報告によるもので、脳スキ
ャナーを使った実験で研究者たちは被験者が自分で認識するより7秒も早く、彼らの
決定を予測できたという結果です。

実験の内容はこうです。

被験者には、ボタンを右手あるいは左手のどちらかで押してくださいと指示してあります。
研究者たちは被験者に脳スキャナー(脳の活動電位を測定するもの)をかぶせ、隣の
部屋で脳の電位をモニターしています。そうすると、被験者が右か左のボタンを押す7秒
前にボタンを押すのを決定したことがわかったということです。

わかりにくいかもしれませんが、こうです。
あなたがボタンを押そうとする7秒前に、隣の部屋にいる研究者たちにはあなたがボタンを
押すかどうかわかったということです。

ところが、7秒前にはあなたはボタンを押すという認識をしていません。ボタンを押して初めて
右あるいは左のボタンを押したと認識します。つまり、あなたが押したと判断する前に脳は
すでに押す決定を下していたということです。

そして、その時に上の図の脳の緑の部分が活動していたことがわかっています。
また、その位置は脳の前頭葉と松果体がある位置です。

これまでも、脳と意識の関係では意識的な選択の前に潜在意識の活動が行なわれており、
潜在意識が意識的な選択を決定している、という脳生理学者Libet氏の理論が支持されて
きたようです。今回の実験はこれを裏付けるものです。


まず、これを頭に入れておいてください。


次に、タイピングを使った実験です。

タイピストを被験者とした研究により、タイピングの誤りを脳が検知していない場合でも、
「指」は無意識のうちに正しく知覚しているらしいことがわかったらしい。

バンダービルド大学の心理学研究で1分に40ワードを打て、平均で90%という正確さで
タイプする熟練したタイピスを実験対象にした。彼らには正確にタイプしても、6%の割合
で、わざと間違ったスペルを画面に表示させ、タイプミスした45%自動的に修正するよう
にプログラムした実験を行った。

その結果、彼らは実際に自分が何をタイプしたかではなく、表示された単語が打ったもの
と同じなら、自分の作業が正確だったと判断していたが、間違って押すと、決まって次の
ストロークまでの間の指の動きが遅くなっていた。つまり、指は間違ったことを本人が意
識する前に正確に知っていたことになる。

このことから、体が行うことと、精神が行うことが別であるという判断を下した。

しかし、この一方で間違ったキーを押した後の次のキーストロークでは、タイピストの指の
動きが遅くなっていたことがわかった。

どうでしょうか?
この2つの実験結果から、心が動作の一歩手前で動いていることがわかると思います。
つまり、脳の指示で体が動く前に心が脳に指示を出しているということです。


このことから、私たちの脳と心は別々に働いているようです。
そして、最初の図に示したように、脳の松果体がある部分と前頭葉の脳活動がボタンを
押す前に反応していることから、脳が外部から情報を受け取り、それを脳が処理している
ことがわかります。おそらく、松果体が私たちの意識本体から情報を受け取っているのだ
と思われます。その後、判断能力をつかさどる前頭葉に送られ、ここの脳電位が活動し
ボタンを押します。

brain2.jpg
脳の松果体の位置が前述の図で緑になっていると思います。

また、宇宙人ユミットからの手紙には下記のような記述があります。

大脳皮質の視床下部のクリプトン対のドリフト群が霊魂と肉体を結びつけるそうです。
{・・・BIAOMOAXⅡと命名されている。ここでは、熱化学的反応でHe自由原子群の
ネットワークの量子状態を刺激し、そうするとHeの電子環と、クリプトン原子の間に共
振現象が発生し、このクリプトンが、今度は受信したコードを人間の魂にも理解できる
ように、特性は同じだが別なコードに変換するのである。}
徳間書店 J・P・プチ著 宇宙人ユミットからの手紙Ⅱ 


簡単に言うと、脳の視床下部ではクリプトン原子が存在し、このクリプトン原子が外部
から情報を受け取り脳に渡し、脳内のヘリウム原子と共振反応が生じ、人が理解できる
ように翻訳することで意識活動が行われているということです。
この外部を魂あるいは潜在意識とユミットは称している。

この位置が視床下部にあたるようです。視床下部と松果体の位置は少し離れています
が、おそらく松果体が情報を受け取り、視床下部に広がり、前頭葉へと伝達されていく
ものだろうと思われます。


このように、私たちの脳は独自に動いているのではなく、外部から情報を受け取り、
それを変換しながら脳を働かせ、顕在する意識活動を行っているものと思います。


このことからも、私たちが考えている意識と言うのは、脳の周囲あるいは脳内に存在
する意識体(魂、あるいはハイアーセルフとも考えられる)から情報を受け取って脳が
活動することで初めて考えていると認識できていることになり、松果体は非常に重要な
役割を持っているものと思います。


かっての人類は他人とのコミュニケーションがテレパシーでも可能であり、当時の松
果体は現在よりも大きかったといわれているようです。そのためか、現代人の脳の
松果体の周りにはかなりの空間が空いているようです。松果体が大きかったころの
名残でもあり、大きくなる可能性もあることも予想されます。


そして、このことは私たちがアセンションするうえで非常に重要な意味を持ちます。
それは松果体が十分機能しないと覚醒しないということです。
そのためには松果体の機能が正常に保たれている必要があります。


しかしながら、学校教育の現場では虫歯予防と言う名目でうがい水にフッ素を入れて
行うことが推奨され、ある自治体では水道水にすらフッ素が添加されています。
フッ素はこれまでの研究で脳の松果体に蓄積することが知られ、松果体を石灰化
する働きがあるといわれています。
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/340.html




このサイトではメラトニンとの関係を書かれていますが、そうではありません。
フッ素を脳内に蓄積させ、松果体の機能を落とし、意識体、つまりハイアーセルフとの
コミュニケーションを取りづらい状況(=覚醒しにくい)を作ることが目的だと思われます。
闇勢力はこのことを熟知しているので、子供という早い段階で覚醒の芽をつぐんでしま
おうとしていうことが推測できます。


このフッ素を排泄するにはヨウ素、マグネシウムやカルシウムが効果的だと説明してい
るサイトもあります。

以下転載(URLのコピーが化けてしまうので)
(ここから)
第三の目を開くための松果体の石灰化解消法  2012年10月30日
http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/five-health-tips-decalcify-pineal-gland
Five Health Tips to Decalcify the Pineal Gland
松果体は多くの神秘的な特性のために人間の体の中で最も神秘的な分泌腺です。近代科学は松果体を松の実の形をした、脳の中央部に位置する、メラトニンを生成する分泌腺であり、睡眠パターンを調整し、性的な発達に影響を及ぼすものとして定義しています。近代の科学者たちの松果体の定義は正確ですが、最も大切な要素が見当たりません。
睡眠パターンと性的な発達のほかに、松果体は私たちと他の次元を結ぶ、夢やスピリチュアルな面のための内部のポータルのような動作をつかさどります。ある研究者たちは、松果体がその神秘的な特性のために私たちを他の次元につなげる能力を持つと信じています。松果体は、第三の目でしょうか?松果体の外側は松の実のような形をしています。しかし、それを切断して内部を見ると、目のような形状をしています。松果体の内部の壁は、目の網膜の構造と似ている棒とコーンで出来ています。これらの松果体の特徴は古代文明の人たちやスピリチュアルな教師たちが常に松果体と第三の目の間に関係があるといってきた理由かもしれません。
松果体のもう一つの重要な特徴は、ジメチルトリプタミン(DMT)の生成にあります。DMTは自然に発生するLSDに類似した幻覚を生じさせる幻覚化学物質であり、より安全で、脳に強い影響を与えません。
私たちの物理的な目とは違って、松果体、又は第三の目は、物理的、及び直感的に見る能力を持っています。松果体の形而上学的な特性は睡眠時に最も注目すべきものです。眠りにつく寸前に周囲を360度の視野で見られたという経験がないでしょうか?これは松果体によって第三の目が活動した証拠です。第三の目は、あらゆることを見る眼です。これが目を閉じた時に十分に強く想像できる理由であり、時には、想像していることを第三の目によって見ることが出来ます。健康な松果体の利点として、松果体は睡眠パターンを制御し、性的な発達を促す事が挙げられます。松果体は又、フリーラジカルから体を保護します。肉体的な健康が得られるという利点のほかに、松果体は、又、スピリチュアルな健康に対して大切な器官です。なぜなら、松果体は、私たちのソウルと魂を結んでいるからです。これによって魂と体は結び付けられ通信が可能になります。結びつきが無ければ、肉体とソウルは離れ離れになり、肉体は死に至ります。
肉体とソウルの結びつきが強ければ、高次元の感覚が活性化し、私たちに宇宙や創造との結びつきを強く感じさせます。私たちの高次元の感覚は又、他の人々からの操作を困難にします。これらの理由から、内なる平和がより容易に得られるようになります。
松果体の非石灰化法
1.  フッ素の吸収を避けること。
松果体を石灰化させる物質のうちのひとつは、フッ化ナトリウムとしてのフッ化物です。フッ化物は、松果体にとって非常に有害です。なぜなら、フッ化物は、松果体の内部の壁を硬くして、松果体の自然の機能を阻害するからです。フッ化物は又、脳や他の器官に対して毒性が強いのです。
フッ化物という名称は、飲料水中に含まれる砒素、鉛、カドミウム、フルオロ珪酸、放射性物質のようなフッ化物を形成する多くの危険な科学物質を闇に隠す名称です。米国に住んでいれば、フッ化物は、飲料水、フッ素入り歯磨きペースト、及び一般の製品の中に一般的に含まれる物質です。
フッ化物を飲料水から効果的に除去するには、活性化アルミナ(AAL)と言う特殊なフィルターを用いた浄化システムを使う必要があります。水浄化システムはバークレー社によって製造されたものかどうかを調べることが意味のあることです。逆浸透システムもフッ化物の除去に効果があります。歯磨きペーストとしてはフッ化物を含まないものを使う必要があります。
2  ヨウ素補助食品の摂取
研究の結果、ヨウ素入りの補助食品は体内からフッ化物を排除するのに有効であることが示されました。ヨウ素補助食品で推薦できる物は、体内への吸収が容易で、毒性のある化合物を形成することのない、元素としてのヨウ素を含むニュートリオダインです。ヨウ化カリウムの使用は、特に長期間摂取する場合には勧められません。食品としては、海草には天然のヨウ素が含まれているので、お勧めできます。
3  有機食品の摂取
ほとんどの非有機食品は有害な合成化学物質と重金属を含んでいます。これらの多くの毒素は、松果体にとって有害です。これらの毒素のレベルを下げるために、有機食品の摂取がお勧めできます。有機食品は、厳密なガイドラインのもとに生産されています。それゆえに、有機食品には、有害な合成化学物質を含まず、遺伝子改変添加物を含みません。
有機食品中のには栄養素が通常の食品よりも多く含有されています。これらの栄養素の多くは、体から毒素を排除するのに必要です。マグネシウムやカルシウムは二つの重要な栄養素で、体から毒素、特にフッ化物を排出させます。
4  天然バターオイルと鱈肝油の使用
高ビタミンのバターオイルと鱈肝油は松果体の非石灰化に非常に有効です。なぜなら、それはカルシウムの沈着物を排除するからです。天然のバターオイルと鱈肝油のうちで最善のものは、
Green Pasture’s Blue Ice Royal Butter and Cod Liver Oilです。

(ここまで)

最初にお話しした「希望の命水」は現代人に不足しているといわれるミネラルを豊富に
配合した特殊な水です。
この中にはカルシウム、鉄、リン、マグネシウム、カリウム、銅、ヨウ素
マンガン、セレン、亜鉛、クロム、モリブデン、
ナトリウム、硫黄、塩化ナトリウム、フッ素
コバルト 、リチウム 、アルミニウム 、ルビジウム 、
アンチモン、ジルコニウム 、セリウム 、
ジスプロジウム 、タングステン 、
ゲルマニウム 、バナジウム 、ニッケル、チタン、
ストロンチウム、バリウム 、
ロジウム 、テルル 、プラセオジウム 、イッテルビウム 、
ケイ素、ルテチウム 、パラジウム

有害な重金属は一切含まず、それぞれが微量に含まれています。
そのため、長期に飲まれても体内に蓄積することはありません。正常に代謝され体に不要で
あれば自然に排泄されます。

ご希望の方はこちらから
http://yamashimayasima.cart.fc2.com/ca5/8/p1-r5-s/
(なお、ご購入の際には会員No、031adaと書き添えてください)

また、前回紹介した、アシュタールのMuu Free Club会員も募集していますので、
こちらもご参照ください。
http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-11491665886.html


続く(次回はDNAと覚醒についての予定です)

過去記事
次元について
次元について(2)
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 7

ま。

松果体てここだったのですね。
特に、目を閉じた時に奥行きが強く感じられる場所。
どこまでも果てなく奥行きを伸ばしたら、いつか見た魂らしき場所に意識で行けるようになるのではないかと思い、引き伸ばすことをたまにしていました。
魂らしき場所から帰る時は松果体に戻ってきました。
金縛りを自力でほどいている時に魂らしき場所の近くにいました。
なるほど、松果体を鍛えれば高次元体と繋がることも可能だ。
by ま。 (2013-04-16 06:50) 

アンドロ メリンダ

フッ素が松果体にいけないとは、ついぞ知りませんでした!
私は、珍しいくらいに歯が小さい時から悪く、とても治療費にお金がかかりました(*^-^*)
それで、ここ米国にやって来てからン十年、大喜びでフッ素を(水道水に含まれているので)飲んでいたのですね。お味噌汁だ、スープだ、ご飯だ、と大いに使用していました。現在もです。

フッ素は松果体の機能を低下させ、ハイヤーセルフ(守護の神霊)との通信や、覚醒をしづらくさせる、と言う聞きづてならない事を知りました。
でも、私には相変わらず守護の神霊、ハイヤーセルフとの交信はあり、何の支障もないですね。
今年の3月20日の物凄いエネルギーで、「カルマが全て消え、真っ白い未来が広がっているから願望は現実化しやすい、試してご覧なさい。」と言うサイトを読み、(この願望は難しいでしょう、と思ったのですけれどね)試しにその願望を宣言したら、ホンマ!
すんなりと5〜6日で現実化してしまいました、仰天です!!
このエネルギーは目覚めていてその存在を知らないと利用出来ないそうです。
つまり、私は覚醒していた、と言う事になりますよね。フッ素を沢山飲んでいたにもかかわらず。
どないなっているのでしょうか? フッ素は松果体にいけない、と言うのはホンマでっか? 
by アンドロ メリンダ (2013-04-16 16:45) 

ada755

ま。 様

松果体を鍛えれば良いというわけではありませんが、アンテナの役目と
司令塔の役目はしていると思います。

by ada755 (2013-04-16 23:16) 

ada755

アンドロ メリンダ 様

フッ素を摂っていても影響がなかったということですね。
大変参考になりました。まだまだ我々の科学ではとらえられない
ということかもしれません。
しかし、影響を受けないという可能性もあると思い至りました。

次回の「DNAと覚醒」の記事で考えてみたいと思います。



by ada755 (2013-04-16 23:19) 

もも

すみません。通りすがりですが、非常に興味を持ったので。
Nature Neuroscience誌の
前頭葉の活動と松果体との実験結果の原文を読みたいのですが
どこで読めますでしょうか?
宜しくお願いします。
by もも (2013-10-13 01:33) 

ada755

もも 様


お問い合わせありがとうございます。

引用のオリジナル原文は
http://www.wired.com/science/discoveries/news/2008/04/mind_decision

また、掲載論文は
http://www.nature.com/neuro/journal/v11/n5/full/nn.2112.html

のようになりますが、論文を全文読むためには入会が必要なようです。
以上でよろしいでしょうか?



by ada755 (2013-10-13 02:11) 

もも

ada755さん。お早い対応、有り難う御座いました。
参考にさせて頂きます。
しかし、有料・・・
(;^_^A アセアセ・・・
by もも (2013-10-13 14:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0