So-net無料ブログ作成

磁力を利用した発電システム [アセンション]

これまで、多くの永久機関が開発されていますが、いずれも日の目を見ることはないようです。
水で走る車が有名ですが、これも開発者が殺されてしまったようです。
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10328859717.html
http://www.waterpoweredcar.com/nz.html

日本でも、以前東北大学で水を燃料にして動くエンジンを開発したというニュースが新聞で
紹介された記憶がありますが、それ以降ニュースとして流れては来ないようです。

後は、東京大田区の日本テクノが開発した新燃料酸水素ガスなどがテレビで紹介されまし
たので覚えている方もおられると思います。

http://www.youtube.com/watch?v=6Ts8CQNnjMw

これらは全て、熱エネルギーを回転運動に変えることで電気や運動エネルギーを取り出す
システムです。今問題となっている原子力発電も元をただせば熱エネルギーが源です。
自動車を含めてこの世に存在して動くものはすべてガソリンを燃焼させて発生する熱エネル
ギーを回転運動に変えるものか、あるいは電気エネルギーを回転運動に変えて動作させる
ものです。電気も元をただせば、石油やガソリン、核燃料などの燃焼、あるいは発熱による
熱エネルギーです。

若いころ、UFOに興味を持った時に磁力を利用したら浮上するのではないかという思いが
あり、いろいろな本を読んだりしたことがありました。
その中でも、清家新一氏の超相対性理論入門 (1972年)という本でした。
ジョージ・アダムスキーの円盤の形から3つのコイルを利用した円盤推進システムです。
この基本動力は磁力です。発生した磁力の反発力を利用して浮上させようというもので
模型による実験で数センチ浮上したようです。


このような磁力による推進システムで有名なものはリニアモーターカーです。
すでに、実用化段階に差し掛かっています。
これは地面に並べたコイルから発生する磁力とモーターカーに載せたコイルとの間に
生じる反発力を前方への推進力に変えて進むものです。

この場合は直線上になりますが、これを円形にループさせたら回転運動になると思い
ませんか?若いころ、このようなことが可能であると考えていましたが、物理を志すは
ずだったのが、進路変更で医学に進んでしまったために実現してませんが、いまだに
それは可能であると考えています。

しかし、世の中は広いもので、これを個人で実用化している人がいました。
今回紹介したかったのはこの動画ですが、作者も書いているように原子力村とも言わ
れる電力業界の利権集団からすればキチガイと見られても良い存在です。
決して認められることはないでしょう。
しかし、5次元に移行する今、これまでの化石エネルギーシステムが永続的に続いて
行くとは思えません。いつか、こうした磁力エネルギーシステムに頼らざるを得ない日
が訪れると思います。

長くなりましたが、磁力システムを利用した動力システムです。



作者コメント

自然再生エネルギーは太陽光や風力だけではありません強力な永久磁石の吸引と反発力を­使った磁力発電も自然再生エネルギーの1つです。 永久磁石の吸引と反発力を使ってエネルギーを取り出せないかというアイデアは誰でも考­える事です、しかし専門家は出来ないと言われますなぜならそのエネルギーがどこから来­るのか説明が付かないからです、でも実際に装置を製作すれば動き太陽光も風力もとても­真似の出来ない大出力の電力を安定して取り出せます、これは磁力磁場というものがわか­っている様で実際はその本質はあまり良くわかっていないからだと思います、磁力につい­てはわからない事ばかりなのです。

磁力発電の特徴、
1.燃料といわれるものを必要としない、ただし磁力低下の事はデータ不足で不明
2.環境気象の影響をまったく受けない、宇宙空間でも海低でも真空でも嵐でも
 無風でも夜でも安定的に発電できます
3.二酸化炭素の排出もありません、
4.ただ起動の時や制御システムの別電源が必要です、
5.小規模装置では必要電力が発電電力を上回ります、少なくとも500W以上の
 規模でないと発電電力が必要電力を超えません
6.この事から磁力発電システムは大規模発電システムに向いています
7.磁力発電システムは原発の様な危険性はまったくありません、
8.設備費用も保守点検費用も原発の1万分の1以下です。

現在私は太陽光発電と組み合わせたハイブリット発電システムとして使用しています、磁­力発電を使い始めてからほぼ3ヶ月以上経ちました、磁力の低下はまったくありません、­詳細は私のホームページの開発日記に書いてありますが重故障はローター主軸ベアリング­外れて振動過大緊急停止一件しかありません、電力も安定していますし、 原発廃止の国民的議論が日本のあちこちで起こりデモも毎週起こっていますが、 個人的見解ですが磁力発電システムは十分原発の替わりに成り得るものという確信を得て­おります、日本の未来の電力を原発に替わって担う発電として検討してもらいたいと思い­ます、私も全面的に国民の一人として協力いたします。

ここに来まして見学に来られる方が急増しています、原発廃止が国民全体の70パーセン­トになっていますので原発に替われる発電システムを探しているのでしょうが、磁力発電­装置が実際に稼働しているのを見て大抵の皆様はヒビリます、回転する迫力が段違いに凄­いからです、装置全体が振動していますので「これは凄い装置だと」いう評価が多くでて­いる事も御報告いたします。

エンジニアの方の評価は磁力発電は完全に人間が制御できるのでベストだとの事です、太­陽光や風力は勝手に発電し勝手に停止する実に勝手気ままな発電方式だそうで制御できな­いとのお話でした、磁力発電は火力と同様出力を自由に変えられますし、起動停止もスイ­ッチ1つで操作できます、必要な時に必要量の電力を簡単に送れますので実に使い勝手が­良いとの評価を得ています.

政府の試算では2030年までに原発をゼロにすると電気料金が今の2倍になるとの事で­すが、磁力発電を現在の原発と火力の分全てに替えますと2倍どころか今の30パーセン­ト以下の料金になり、二酸化炭素排出ゼロの発電方式なので25パーセント削減も十分余­裕を持って実現できます、ただ磁力発電は理論的に解明されていない部分が多くありそこ­が障害になっていますが、理論は不明でも使い方はわかっていますので、個人では限界が­ありますのでここは国の関係者の皆様が御英断を持って試験的にでも試作プラントを作り­実際に使って見るべきだと私は思います。

実は磁力発電装置は私が個人的に開発しています時空間移動システムに大電力を供給する­為に先行して製作していたものなのですが、例の大震災で予定を変更して自宅にも給電す­る事にしたものなのです、時空間移動システムの製作過程は順次動画として発表して行き­ます興味のある方は御覧下さい。

御参考資料、私のホームページです、 http://www7.ocn.ne.jp/~sato4862/

ちなみに、この人はスタートレックに出てくる伝送装置や、TVドラマ「スターゲイト」
にも出てくる装置を開発しつつあるようですから驚きものです。



また、ケッシュ財団という団体もこれに近い磁気発電システムを開発しているようです。



これは2相の強力な磁場を組み合わせて回転エネルギーに変えています。
この動画ではプラズマ磁場を医療に応用することで健康な体を取り戻す働きを紹介
していますが、十分可能なものと思います。私たちの体はある意味磁気と同じ構造
をしており、この磁場の乱れが健康障害を引き起こします。
私が考えるに私たちの体を取り巻いているエーテル体の磁場と人体の磁場の不調
和が多くの健康障害を引き起こすものと思われます。そのため、人体の磁場をエー
テル磁場に合うように調整することで自然治癒力が働き、元の健康体を取り戻すの
ではないかと思います。

また、このプラズマ磁場は放射能を無力化する働きもあるようで、すでに日本政府に
はその技術が供与されていて、後は使用開始を待つ段階だそうですが、おそらく活
用されるのは多くの複雑な利権から難しいだろうと見ています。



もし、これらの技術が使用されるとしたら、現在の電磁エネルギーシステムが崩壊
するようなことがなければなかなか実現しないかもしれませんね。
ただ、これらのシステムは悪用するなら、とても恐ろしいものとなるので今の人類に
とっては時期早々と言えるかも・・・・。







nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 15

アンドロ メリンダ

ま。様の「瞬間移動」のその後のご説明を読ませて頂きますと「ボーッと」していた、と書かれていましたね。
ある人が急にオーラが見え始めた、と書かれていたサイトを読んだ事がありますが、この方も電車を待つ間、ホームでボーッとしていたら急に見えてそれ以来見える様になった、と書いておられました。共通点は「ボーッと」です。
どうも、異次元の出来事を体験するに、この「ぼーっと」がミソらしいですね。
成る程、考えてみまするに、何故ゆえに「闇組織」が我々に幼き時から「学校のカリキュラムだ。」「そらコレが大事だ。」「ヤレが大事だ。」と忙しくさせ、大人になったらなったで、食べて行くには働かなければならない、働く為には寝なきゃならない、と毎日忙しくさせ、働いて食べて寝る、その繰り返しで一生終わる。ボーッとさせないように仕組んである訳です。
ボーッとして素晴らしい異次元体験をして目覚められたら困る訳ですよ。なーる程ね。
いや、ま。様に大変良い事を教わりました。ありがとうございました。
皆さん、これからボーッと,が大事になりますよ。

by アンドロ メリンダ (2013-02-11 05:08) 

ada755

アンドロ メリンダ 様

確かに、この「ボーッと」していたというのは重要なヒントだと思います。
この「ボーッと」した状態と言うのは風呂に入ってものすごくリラックス
した状態にも似ているものだと思います。
闇勢力の目的は常に何かに追いかけられているような切迫感を持たせる
のがひとつの目的であり、心が休まる時に光の世界とつながってしまう
ことを恐れるからだと思います。

by ada755 (2013-02-11 10:00) 

TS

今は動画サイトで、磁力発電の仕組みや動きを見れるのが
いいですね。

自分も以前から永久磁石を利用した発電システムに興味がありました。

このような磁力発電を知ったのは15年くらい前だったと思います。

ある本の中に湊弘平さんという方が作られた磁力回転装置のことが
詳しく書いてありました。

あの頃からすでに、原子力や化石燃料の今後に限界を感じて人は
多かったはずですし、磁力発電の仕組みを知った時、これはある意味
「理想的な発電システムかな・・・・」と思いました。

自分は雪国に住んでいますので、冬場の灯油代のことや今後のことを
考えると、この磁力発電は将来的に欲しいと思いますし、普及させて
いった方がいいと思います。

このようなシステムが更に進化して車、船舶などにも使用されればと
思います。

キャンピングカーの発電システムとしても面白いと思います。

ですが、このような装置が各家庭、工場、ビルや店舗などに使用
されると今存在している電力業界、石油で大儲けしている存在は
大打撃を受けますかね・・

でも変わっていかないといけない時期ではないかと思います。
邪魔をする勢力がいたとしても・・。

あと、アシュタールのメッセージについてですが、自分が見た限り
透明感があるような感じがしました。プレアデスのメグミンさんと
メッセージの内容が似てるかな・・と思ったけど、アシュタールの方が
的確で冷静な印象を受けたのですが・・・。

それと、前回の記事のラジウムと自然放射線のことがいろいろと
参考になりました。

貴重な情報ありがとうございます。




by TS (2013-02-11 22:52) 

ada755

TS 様

湊弘平氏が発明した技術を広めようとして起こしたガイアサポート㈱本店
事務所が愛知県警本部の生活経済課・(訴外)日沖性平警部補の主導の
下に家宅捜索を受け、すべて没収され、会社が破たんしたと氏のHPに
ありました。
やはりというか、ほとんどこのようにつぶされています。
つまり、公に広めようとすると必ずそうなるようです。大変残念なことなの
ですが、それだけ彼らはエネルギーの主導権を奪われることには危機感
を感じているということです。

本当に、磁力によるフリーエネルギーが利用できるようになるためには
今のシステムが稼働しない、磁力システムでなければ動かないという
状況にならない限り難しいでしょう。
しかし、いずれはそのような社会が必ず到来します。

アシュタールのメッセージには誇張がなく、現実世界を良くとらえていて
大変訴求力があります。多くのメッセンジャーのような歯の浮くような
美麗美句ではないところが真実を語っています。時には鼓舞し、ときには
叱咤し、そしてときには指導するという方法です。大変理にかなっている
ものと私は思います。

自然放射能の働きについては私も勉強になりました。そしてあのような
記事を書いてくれる人がいることにも感謝しています。

また、参考になるような記事があればアップしたいと思います。





by ada755 (2013-02-12 20:58) 

ま。

放射線、毒にもなるし薬にもなるといったところでしょうか。癌治療に放射線を照射して治療する方法があります。

ボーとする。
について、自然とみんなしているかと思われます。何か動いている間に、思考している間に、意識が軽く飛んでいる(なんとなく寝ているような)状態かな?
寝ぼけているに近いのかな?寝ぼけ記憶がないからわかりませんが。

幽体離脱する方法に寝ずに起きているという方法があります。寝転がって眠いけど寝ないでいる状態でさらにリラックスしていること。
これもボーとした状態を作り出す方法だと思います。

更なる自論。
意識について、100%肉体にあるとか100%アストラルボディにあるというものでなく揺らめいている。50:50とか30:70のように肉体とアストラルボディをちょこちょこいったりきたりしていると思う。
ボーとした状態がアストラルボディに拡大した意識と同調しやすいのかと思う。
肉体で拡大縮小している意識又は思考で何かをすると決める。
それに反応してアストラルボディに拡大した意識が肉体で意識思考したことを不思議な現象で実行するのではないのかな?

疑問
タイムラインについて、アカシックレコードは全て記されているとされているわけで、一つのタイムラインに一つのアカシックレコードがあるのか、アカシックレコードが常に書き換えられているのかどうなっているのでしょうか?

いつもがら長文で失礼しました。

そうそう気の感覚が戻ってきました。
by ま。 (2013-02-13 07:08) 

ま。

…地震とてもショックな気分。被害が少しでも小さくすむように。
by ま。 (2013-02-16 00:49) 

アンドロ メリンダ

ま。様の今回の解説、大変ためになりました。ありがとうございます。ここへ来ますと色々学べて嬉しいですね。皆さんで教え合いましょう。有り難い所を見つけさせて頂きました。これも引き寄せの法則ですね。
ま。様の気の感覚が戻って来て良かったですね。私も時々この地上の習慣を忘れる事があります。どうでも良い事なら構わないのですが、お買い物をしてお金を払うのを忘れる時があります(´゜Д゜`)  
慌てて「ア、いけない。こんな事をしたらこの世では泥棒になるんだわ!」と思う事がしばしば。おかげ様でまだした事はありません。ハイヤーセルフが思い出させてくれるので( # '∀' # )ヤレヤレ危ないとこだった、と冷や汗が出ます。
所で、「闇組織」のフリーエネルギー関係を潰しにかかるのは真に目に余りますが、やはりいよいよ時が来た、と言う感がいたします。
皆様の中にもご存知のかたがおられるかと思いますが、ロシアで先月、とうとう「ディスクロジャー」がテレビで、それもゴールデンタイムに3時間と言うプログラムで2度、放送されたそうです!
第1回目はイルミナティと言う組織の存在。それによる金融の支配。
第2回目はUFOの存在と隠蔽。
詳しくはこちら。

http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/be643ec42216bdf562a93e11f9a8e3ec

エネルギーについてはこちら。


http://d.hatena.ne.jp/k1491n/touch/20130212/1360632901


ロシアの次は中国が「ディスクロジャー」を発表すると聞いています。いよいよ時が来ました! 楽しみです。
 
by アンドロ メリンダ (2013-02-16 06:26) 

ada755

ま。 様

ボーッとした状態は何となくわかるような気がします。
就寝時、寝入りばなの半ば意識があるような感じの時に近いようです。
これを起きているときに行うのは、よほど意識してないと難しいかもです。

アカシックレコードには地球の過去から未来の情報がすべて記録されて
いるといわれていますが、未来については年代の特定ができず、ただ
そのような情報が存在するだけと書かれているものがありました。

これから、判断すると、未来は確定してなく、ある程度時間が進むにつれて
アカシックレコードに記録され、時間も確定するのではないかと思います。
それが数日から半年程度なら、透視能力のある子供が未来を予言する
ように見えるものではないかと考えています。ただし、変更可能なタイム
ラインだと思います。

しかし、これは私たちが今住んでいる地球上の話であり、仮に私たちより
100年ほど先に進んだ別のタイムラインにある地球が存在するなら、彼ら
はすでに100年先の未来を現実化していることになりますが、私たちが
このタイムラインをたどるということはないだろうと思います。まったく別の
タイムラインです。しかし、この別のタイムラインにワープすることも可能では
ないかとも思います。ただし、戻れるかは別としてです。
過去の記録でも、未来からやってきて、そのままこの地球上で人生を終えた
人の物語とかありましたから、何かのショックや次元の裂け目が生じ、そこ
からタイムスリップしたのではないでしょうか?

ということで、アカッシクレコードは常に書き換えられているとした方が
つじつまが合いそうです。




by ada755 (2013-02-16 11:15) 

ada755

アンドロ メリンダ 様

いろいろな情報ありがとうございます。
ときが進むにつれて、このゆなことは次第に顕著になっていくものと
思います。ただ、なかなか公にされないのが問題ですが・・・。
こういう点ではロシアはもっとも制限がない国のっひとつです。
日本のようにまゆつばものと見る風潮がないようですから。


by ada755 (2013-02-16 11:17) 

ま。

別のタイムラインにいる自分。
今という自分からみてのパラレルワールドにいる過去や未來の自分と意識が繋がるという言い方をすると辻褄が合う既視感がいくつかある。夢の中で発生する現象で、夢で見た知らない場所がどこにあるのかよくわかないけど知っているとか、まだ公開されていない映画を所々既に見たことがあるとかそう考えると辻褄が合う。フィフスエレメント僕の中では20年以上前に見たことがありアバターもやはり20年くらい前に見たことがある。JUMPという映画もなんですけどね。ほんの一部だけど。だからなんで今さら初公開映画なんて言っているの?とずっと疑問だった。
また夢の中の話し。これも不思議な話しです。

寿命蝋見たことありますか?

今では感覚的にだけど当時ははっきりと鮮やかに夢の中で、仙人らしき人物に導かれてみせてもらったことがある。

何を意味しているのかは謎のまま。

いつもながらの長文失礼しました。


by ま。 (2013-02-16 17:58) 

ada755

ま。 様

いろいろと教えていただきありがとうございました。
今回のま。様のコメントは大きなヒントでした。これは私たちが多次元的な
存在であるということを意味します。現実的な体験はあくまでも現実を創造
するという意味を持つ体験であり、夢やイマジネーションで想起される仮想
現実とも言えるものは多次元に存在する自己とのコミニュケーションの結
果だと気づきました。

つまり、未来に存在するもう一人の自分、そして過去に存在する自分の
分身などとのコミニュケーションが、ある場所に行ったときに感じるデジャブ
であったり、過去にあるいはどこかで経験したことがあるという感覚はまさに
そのときに過去や未来の自分自身と意識の上でコミニュケーションが取れ
ているのだと思います。過去や未来の自分が今経験していることがその
まま意識に伝わり、そのように感じるのでしょう。だから、そのときはひらめ
きに似た感覚を覚えるのだと思います。
そういう意味で、私たちは今ここにいながらにして多次元的存在だと思い
ます。ただ、それを意識できるかどうかの違いです。

私の場合も興味の対象がタイムマシンであったり、未来や新しい技術、
あるいは宇宙空間、UFOなどに非常に強い関心を持つのですが、それが
至極当たり前のこととして考えられるのは、すでに自分自身が経験して
いることだからかもしれません。自分自身が未来の記憶(ほとんど失われて
いると思いますが)を持っていて、あるいは未来に存在する自分とのコミニュ
ケーションが取れることで、何ら不思議なことだと感じないのだろうと思われ
ます。

これがま。様のいわれる既知感だろうと思います。
だから、今この時点において、すでに過去や未来に自分自身が存在して
いて、それが相互にリンクしているのだと考えます。
アセンションもそうです。すでに経験しているのかもしれません。それで
アセンションが正しいものだと信じられ、それに向かって駒を進めているの
でしょう。つまり、この世界で違う経験や体験をするために今ここにいると
いう考え方もできます。だから、今が重要であり、今しかないということです。

夢をはっきり覚えている人もいれば、そうでない人もいますが、多かれ少な
かれ同じ経験をしているのだろうと思います。違いは覚えているかどうかだ
けです。これはその人の遺伝的体質と魂の経験値が関係しているように
思えます。生まれる前から、そのような条件を選んで生まれてきているので
ま。様のように実体験で意識できる人と、私のように情報をたぐり寄せなが
らそれをつかんでいく人に分かれ、それすら生まれる前に、このような内容
の人生にしようと生まれてきているのかもしれません。
だから、人それぞれで、どれが優れているというものでもなく、すべて自分
自身がアレンジして決めたことだろうと思います。



by ada755 (2013-02-16 21:22) 

NO NAME

ばかじゃねえの
磁力発電とか、磁石をくっつけたり離したりするエネルギーはどこから来てんだよ?
基本的な物理法則を理解しているならすぐに疑いを持つはずだがな
by NO NAME (2013-10-01 11:50) 

tenbou_dai

 あなたのコメントにある 『磁石のエネルギー源』 が不明な問題について、わたしは検討し、その結果を自分の Blog に書いておいたので、一度訪問して読んでみてください。
 きっと納得がいくでしょう。

 わたしの Blog の開き方は、Google 検索で 『論評 備忘録』 と打って enter すると、首位~3番にでてきます。
 上記説明は、 『論評(263の1)』 に書いておきました。
by tenbou_dai (2014-09-27 00:05) 

okasii

これは「磁石のエネルギー源」の問題ではない。

磁石には、磁力があるのは、当たり前。
しかし、磁力=電力ではない。

電力(エネルギ)は、磁力の大きさでなく、
磁力の変化度である。

磁場の変化の度合いに応じて、電気が発生するのです。
上記の装置は、回転はするが、磁場の変化度合いが少ない
ので、発生するエネルギーが少なく、発電機を回転さす
エネルギーより少ないで電力しか発生しない。

極端な話、この地球も高速で動いている。本来なら
エネルギを持っているはず。しかし、そのエネルギは
取り出せない。なぜなら、速度に変化がないから。

上記の装置も同じで、磁場の変化は多少あるが、磁石が
少しずつずらして配置しているが、この時点で、磁力の
抵抗が少なくなる。裏を返せば、磁力の変化が少なくなって
いる。その事には、全く気がついていない。

磁力の変化が少なくなっているのを幾ら回転しても、
発生するエネルギは、少ないのです。

磁石をずらして配置しないで、N極とS極を単位に180度
ずれた状態(普通の棒磁石)を回転さした場合は、磁力の
変化が大きい。(抵抗も大きい)。電力は磁力の力ではなく
磁力の変化なので、変化が大きいのので、この場合大きな
エネルギが得られます。

殆どの方が勘違いされるのです。磁石を沢山つけて、
回転さえすれば、回転に応じてエネルギが得られる訳では
ありません。

磁力の変化=エネルギですので、磁力に変化を与えるには、
それ相応の外からのエネルギがいるのです。これは、磁石の
持っているエネルギではない。外からのエネルギが必要と
言うこと。

車に乗っていると、車が動いている場合、地上にいる
人からみると、車のエネルギを取り出せるが、中に
いる人はエネルギを取り出せない。減速しない限り。
この減速が、磁力でも同じ。減速=磁力の変化です。



by okasii (2014-11-02 15:04) 

佐藤忠

貴男の技術は15年前から関心しております。連絡が欲しいです。
by 佐藤忠 (2017-03-01 12:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0