So-net無料ブログ作成

全国民にインフルエンザワクチン接種が義務化される? [アセンション]

昨日の読売ONLINEによると、平成25年度にインフルエンザワクチンを全国民に接種
できる体制を整えるというニュースがありました。


(ここから引用)

政府は、強い毒性と感染力を持つ新型インフルエンザの国内流行が予想される場合、国民の安全確保のため、原則として全国民に予防接種を行う方針を固めた。

 国内の医薬品メーカーなどと連携し、2013年度に1億3000万人分のワクチン供給体制の確立を目指す。9日の閣議で特別措置法案を決定し、今国会に提出する予定だ。

 政府は、強毒性の新型インフルが流行すれば、国内で最大64万人が死亡すると推計している。

 特措法案では、新型インフルの流行時に、首相が本部長を務める政府対策本部を設置すると明記。予防接種は、対策本部が「新型インフルエンザが国民の生命・健康に著しく重大な被害を与え、国民生活・経済の安定が損なわれないようにするため緊急の必要がある」と判断した場合に実施する。接種対象者や期間は対策本部がその都度検討するが、深刻な流行が予想される場合、持病が悪化する恐れがある患者などを除き、全国民への接種を想定している。
(2012年3月6日14時36分 読売新聞)



また、ワクチンに混合される水銀化合物や動物のDNA、アジュバンドなどが脳機能の
低下や免疫機能を阻害し、妊娠を妨げる働きもあることが指摘されています。


このようなものを全国民に接種しようとするには何らかの意図があるとみて良さそうです。
昨年はインフルエンザウイルスの拡大が懸念される場合には外出禁止令を出すことが
出来る法律が制定されています。


犯罪を犯したわけではないのでワクチン接種は個人の自由であり、現に今でもそうです。
まさか、ワクチン接種に応じない場合は逮捕とか?
前回の豚インフルエンザ騒動ではアメリカで実際に行われた映像がネットで流れていました。


考えたくないのだが、仮にワクチン接種で日本人の数割が亡くなったとしても、インフル
エンザウイルス感染で死亡したと言い訳できます。


私自身も4年前に10年ぶりにインフルエンザワクチンを打ったら、その年の暮れに風邪を
引いてしまい、高熱状態が長く続き、視神経炎を発症し一時的に失明してしまいました。
これからも、インフルエンザワクチン接種後2週間以内に風邪をひいてしまうと逆に悪化
することを意味します。
なぜなら、ワクチン接種後の免疫獲得まで3週間から1か月かかるからです。
政府が「ワクチンを打ちましょう」というのは決まって暮れの12月中旬です。本来なら11月
には接種していないと間に合いません。


今年も、これらの情報には注意しましょう。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0