So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

お金について [社会・経済]

お金について


日本経済の実情をわかりやすく書いてましたので転載します。

これだといくら日本人が働いても貧乏になるのがわかりますね。

おまけに大企業は税金を払わないのですから。そして今の大企業の株主はほとんど

外人さんですから利益は株主配当でどんどん吸い取られています。


(ここから)

日本NO1戦術・戦略士、真贋を見極める魔法使いDF☆くんです。キリッ(`・ω・´)

今回は、お金について 説明していきますぉ
多分、皆さんも知ってると思うので復習ですぅーー♪

さて、日本の市場に出回っているお金というのは、だいたい、1500兆円↑△くらいある。そして、借金も同じだけ、1500兆円↓▽あるのです。

ので、ざっと、1500兆円あると考えておけばいいです。(これは、だいたい皆さんも知ってますね。)

そして、1500兆円のうち、外貨が700兆円、大手企業(内部留保・外国に隠している金)・銀行・国債・富裕層・年金・貯金などが、ざっと700兆円(ほとんど、動かないお金)があるのです。

実際に、市場に出回っているお金は、100兆円~120兆円なのです。(これも知ってると思います。)

日本は、貿易黒字とか言っていますがw日本人が必死になって稼いだ戦後の貿易黒字は、ほとんどがただ働きなのです。貿易黒字は、ほとんど米ドル決済、つまり外貨で受け取っていて日本円ではないので日本で使うことは出来ません。外国に工場作ったり、外国の道路などの公共インフラに使わされたりしている。

メジャーリーグのイチローや、松井が、日本に帰ってこれないのと同じです。w彼らは、外貨・ドルで給料受け取っているのです。w

日本人は、戦後から今まで、貿易黒字分ずっとただ働きをしているのです。日本人が汗水たらして、一生懸命に生産していますが(原材料仕入れ、1次加工、2次加工、運搬)、その支払いに、アメリカは、ドルつまり、紙切れをただ刷ればいいのだけの話しなのです。実際には、ドルを帳簿に書き込むだけでいいのです。(子供銀行)現在、ドル発行額8000兆円以上、3京円とも、しかし、ドルが破綻しないのは、国際通貨だからなのです。

もし、ドルがハイパーインフレになれば、どうすればいいか?w

答えは簡単、ただ、新紙幣発行すればいいだけの話しです。毎年、日本は、貿易黒字分ただ働きをしてるのです。話しが、それたので、もとに戻すと、


1500兆円のうち、”外貨が600兆円(貿易黒字)”、”大手企業(内部留保、累計500兆円・外国に隠している金・パナマなど累計1000兆円)・銀行・国債・富裕層・年金・貯金、累計1000兆円・株、累計1000兆円などが、ざっと800兆円”(ほとんど、動かないお金)があるのです。

これに、現在は、日本円の引き上げに
+グーグルや、アマゾン、アップル、マイクロソフト、ネスレ、アフラック、スターバックス、オリエンタルグループなど外資の大手企業が入ってきます。

実際に、市場に出回っているお金は、100兆円~120兆円なのです。

ようは、ざっと見積もって100兆円を一億人の盲目な庶民でうばいあっているわけです。
この仕組みに、政治家も加担していて、日本の企業の内部留保は、確認される額で430兆円以上に達している。

わずか、100兆円を、盲目な愚民1億人で、全員で竹やりでついているわけです。それが、今です。自分たちの給料が、はした金だと気付かず、みんなで奪いあっているわけです。

しかし、この100兆円も年々少なくなっていきます。これが、資本主義というものなのです。資本主義の欠陥、本質です。資本主義が末期に行きつくとこうなるのです。

特に、日本人は、あほすぎるwこの仕組みにいい加減気が付きましょう~~

現在、市場にあるお金は、80兆くらいでしょう。

このままでは、日本人は、じり貧になってほとんど、子供や孫までが死にたえる。これから70兆円が、60兆円になり、50兆円になり、40兆円になる。政府は、お金を増刷した振りや、公共事業を行うが、その行先は経済連に属している大手企業(ゼネコンなど)や富裕層に行くのです。それと、アマゾンやグーグル、アップル、ファーウェイなど(外資)グローバル企業が、すごい勢いで利益得てきている。

このまま、日本人は、座して死を待っていいのか!?

では、どうすればいいのか・・・

それは、これまで、発行してきた・稼いできたといわれる、累計で7000兆円以上・・・これを外貨(ドルなど)ではなく、円で日本国内で、全て回すことです。グルぐるぐるっと


※ちなみに、DF☆くんは、数十年前に気が付いていたのだ!キリッ 0.5秒!
※現在、ロシアと、中国は、ただ手をこまねいているだけではない。ドルからの離脱を虎視眈々と狙っている。

ロシアの港ではヤンキスタン・ドルでの取引は禁ずる法律を作るように命令米国は国家デフォルトするしかない。ソフトかハード・ランディングかの違いだけ。
http://www.zerohedge.com/news/2017-09-19/putin-orders-end-us-dollar-trade-russian-seaports


+お金について 加筆分

加筆文

大手企業のほとんどは、税金を払ってはいない。 (これくらいは、知ってると思うw)
設備投資や企業買収(M&A)などで、会計上赤字にすると、10年間税金を払わなくていいのである。それを繰り返し、税金を逃れる。

もしくは、2社目子会社を作り、会計上赤字にしておいてば税金を払わなくてよい。

もしくは、外資のように、多国籍企業・国籍不明(例えばシンガポール・パナマ)にしておけば、税金を支払わなくてよい。

ソフトバンクは税金を支払っていない。


安部自民党(=創価=民進=共産=維新) 
法人税率を、平成28年度には23.4%に、平成30年度には20.0%に引き下げます。↓↓

消費税は、消費税10%増税します。2019年10月に、2020年10月に消費税13%に増税します。2023年4月に消費税15%に増税します。↑↑


(ここまで)

zeikin.jpg

引用→https://ameblo.jp/don1110/entry-12313665672.html

これを見ると銀行は日本人からお金を吸い取る企業だということがよくわかりますね。

(中小企業や個人に貸し付けたお金の利息の大部分が外国株主に回っているということです)

三井住友FGなんか連結利益が1兆円以上あって法人税300万円だってすごいです!










nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

これが今の北朝鮮の平壌の姿? [国際・政治]

私たちが普段のテレビで目にする北朝鮮の平壌の姿をどう思っているのだろうか?

ロケットの話題で映し出されるのは北朝鮮での軍事パレードが主でそれ以外の映像は

ほとんど見られないが、平壌は実はとてつもなく近代化されているところかもしれない

これは最近の平壌の映像ですが、まさしく私たちは刷り込みを受けている気がします。

平壌は、北朝鮮は戦後間もなくの姿とそう変わっていないと・・・・。

ただ、平壌を離れ田舎に行くとその光景は激変するようです。

近代化されているのは平壌だけと言うことですね。











nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん: ブータン旅行記(3)・・近代化の波」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん: ブータン旅行記(3)・・近代化の波」



(ここから)


パロ空港に降り立ち、何やかんやとあったミナミAアシュタールですが・・

その後、パロの空港から車で一時間ほどの距離にある、ブータンの最大の都市

ティンプーへと移動することに・・・


ティンプーの場所は・・・ここ↓

butan13.jpg


ガイドブックで見たティンプーは、信号もなく、お巡りさんが手で合図して交通整理を

しているような、のどかな町でした。

パロからティンプーへ向かう車窓から見た景色も、本当にのどかな田園風景とか

山々が連なる気持ちの良い風景とか・・あ~~、やっぱりブータンはじょうもん人の

波動を受け継ぐところなんだ~~・・きれ~~い・・って感じ^^


でもね、ティンプーに近づくにつれ。。あれ?? あれ??・・って感じに!

どこもかしこも道路工事と建設ラッシュ・・・

工事、工事で埃っぽいし、人もたくさんいて・・ここだけなんか別の国みたい!


ガイドさんが言うには、ここ10年くらいでティンプーの町はずいぶん

変わってしまったって。

どんどん町が広がっていくのはいいんだけど、畑や田んぼがどんどんなくなって行き

新しい建物がガンガン増えて、まったく景観が変わってしまった。

それに連れて、車も増えて渋滞ばかりだし、人々も経済ばかりを優先するようになって、

何だか悲しいです・・って!


確かに、信号もなくてまだお巡りさんが交通整理してるんだけど・・・


butan14.jpg


そこだけのどかな感じで、まわりは工事と渋滞・・・

おまわりさんの後ろに写ってるのが、建設中のビル!

そして、写真ではうまく撮れなかったんだけど、信号のない町にひしめくようにあるのが

携帯電話ショップ!と ネットカフェ的なお店!

町を行く人たちも、みんなスマホを持って話をしている・・すごくミスマッチな光景!


昔ながらの町の風景と、それを飲み込むような近代化の波がごっちゃになったような

混沌とした雰囲気を、ティンプーに着いてまず一番に感じました。

これがブータンのいまの現状!

押し寄せる近代化?西洋化?の波に溺れかけているような・・そんな感じを受けました。

これが、一番最初にお話しした、高度成長の頃の日本を彷彿とさせる光景だったのです。

イケイケドンドンで、経済効果ばかりを重視し、人々は忙しく歩き回り、ビジネスに余念なく

ひと時も休まずスマホで話をする・・じょうもんの波動をまるで感じられない光景!

この後、このままいけば日本と同じ道を歩んでしまうのかな??と思いました。


それが悪いことだと言ってるのではないことはご理解ください。

近代化もいいと思います・・でも、さくやさんがいつも言ってる、

「便利になればなるほど不便になっていってるんじゃない?」・・

って言う言葉をすごく感じたんです。


生活は便利になってるかもしれない・・けど、常にスマホを握りしめ、歩きながらも

スマホで話をしている、ご飯を食べながらもスマホを見ている・・

忙しそうな人々を見ていると、便利なのか、不便なのか、わからなくなって来ました。


テレビを見ても、インドのコマーシャルがこれでもかと流され、それもすごく魅力的な

コマーシャルばかりなので、あれもこれもとどんどん欲しくなる。

(ブータンはインドの資本がたくさん入ってきているので、インドの影響が

とても大きいんです。日本でのアメリカみたいな感じ)


もちろん、日本での私の生活も同じようなものです。

ブータンの人たちに、いつまでも牧歌的な生活をしてください・・近代化?便利な?生活を

しないで我慢してください・・なんて言ってるんじゃないんです。

ただ、言葉で表現できないような、何とも言えない複雑な感情、違和感を覚えたのは事実です。


この時にすごく考えたのが、近代化?ハイテクノロジー?と牧歌的な文化は対立関係でしか

有り得ないのか?・・ってことでした。

近代化?機械化?西洋化?していけば、日本もそうだけど大抵の国は、牧歌的なのんびりした

雰囲気がなくなってしまう。


高いテクノロジーを使いながら、牧歌的なゆっくりした生活は出来ないのだろうか?

そんなことを考えていたら、さくやさんがメッセージをくれましたのでお伝えしますね。

「出来るわよ・・じょうもんの頃がそうだったんだから。

じょうもんの子たちは、あなた達が考えてるような原始的な生活をしてたわけじゃないのよ。

とても高いテクノロジー(科学的技術)を持ってたわ。

ただ、その使い方があなた達と違っただけなの。


包丁と同じよね。

同じツールであっても、使う人によって違うものとなるでしょ。

美味しい料理を作ることもできるし、人を傷つけるような使い方も出来る。

使う人の意識、思考ひとつなの。


テクノロジー(科学的技術)は道具なの。

使う人によって、どう使うかが変わってくるの。


いまのあなた達のテクノロジーは、破壊の方向なの。

だから、自然とは合わない(あなた達の感情や求めている生活も、ある意味自然と同じ)

あなた達の生理的な欲求を無視して使うから、破壊的なことになってしまうの。

いまのあなた達の社会を見ればわかるでしょ。

自然を自分達の都合のいいようにコントロールするためにだけテクノロジーを使う。

人々を支配者たちの都合のいいように(たくさん搾取出来るように)テクノロジーを使う。

だから、いくら働いても豊かになれないの。

そして、もっともっと、と、がむしゃらに働かなきゃいけないことになってしまうの。


自然とともに、共生する方向でテクノロジーを使えば、とても豊かな社会が出来るわ。

山を削って(自然と対立して)、平地にして、そこにコンクリートで作った高い建物を建てる・・

これが高いテクノロジーだと思ってるから、どんどんおかしな社会になってしまうの。


自然の形(山なら山、谷なら谷、川なら川)に沿って、その形を借りて住むところを創る。

そこにテクノロジーを使えば、自然と反することはなくなるから、人々も生理的なことで

ストレスを感じることなく健やかに生活することが出来るのよ。


自然を削ったところに、地面から離れる高い建物を建て、そこにに住むって言うのは、

人びとの生理的なところを考えればものすごくストレスだってこと。


じょうもんの子たちのような生活に戻せばいいのよ・・って私が言うとね、

あなた達は、もう洞窟に住むような生活は出来ません・・って言うけどね(笑)

じょうもんの子たちは、あなた達が考えてるような原始人的な生活をしてたわけじゃないのよ。

きっといま、あなたが見たらびっくりするほどハイテクな生活をしてたんだから・・

詳しいことは、いまは教えられないけどね・・


だから、出来るの。

テクノロジーと人間の生理的な欲求とは相反しないのよ。

融合して、快適な生活をすることは可能なの。

実際にじょうもんの子たちがしてたんだから。


新しい社会を創りたいなら、征服(コントロール)じゃなくて、融和(寄り添う)方向で

考えてみればいいのよ。


テクノロジーは、ただのツール(道具)にすぎないんだから・・それを使う人の意識、思考で

どうにでもなるのよ。


あなた達をこころから愛してるわ~~」


ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんをこころから愛してるよ~~^0^



・・ということで、近代化?西洋化?についてとても考えさせられたティンプーです・・・

が、それと同じくらい考えさせられたことが、もう一つあったのです。


      ブータンの旅はまだこれからです^0^

(ここまで)


縄文時代の人々が今のような科学技術を駆使して生活していたとは、私たちが教えられている

竪穴式住居の様子などからは想像もつかないものです。

でも、さくやさんが言うのですから、今よりもはるかに進歩したテクノロジーを持っていたのでしょう。

でもね~。どうしてもそれと竪穴式住居の藁ぶきの建物と結びつきません。

と言うことは竪穴式住居の想像図自体が間違っているということになりそうです。


それでは、どういうこと?

と言われそうですが、ここからは私の類まれなる想像力を駆使してですね・・・・(笑)。

縄文時代の住居や生活葬式を示す数々の遺跡の年代推定自体が間違っているのではないかと

いう疑問があります。あれは縄文時代後期の弥生時代に近い時期のことで、西欧や中国大陸

から移住してきた人たちはあまり文化や科学時術が発達していなくて、今残っているのは彼らの

遺跡ではないかと言うことですね。本当の縄文時代の人々はマヤ文明に見られるようにある日

忽然と姿を消し、それまで使われていたテクノロジーもそのときすべてが消失してしまい現在では

その痕跡すら探せないのではないのということです。

もし、本当に縄文時代の人々が現代以上のテクノロジーを有していたならそのすべてが残って

いると思うのですが、波動の原理から考えると縄文時代の人々は波動が高い時代でありそこで

使われている物質や道具は高い波動を持っていたと思います。ところが時代が弥生時代になる

につれてどんどん波動が下がり、そのような波動の高い物質はそこに存在し得ないのではなかった

のではないだろうかと考えるわけです。そのため、住む世界も変化し縄文の人々がそこから去ら

ざるを得ず、残ったのは弥生の人々の波動に共振した波動が下がった人たちと言うことです。

それまであったテクノロジーはすべて失われてしまったので、彼らは再度文明を立ち上げなければ

ならず、それが狩猟生活や竪穴式住居になって残っているのではないかと言う考えです。

私の想像力が当たっているかどうかわかりませんが、その可能性もあるだろうとは思います。

さくやさんがいつか話していたように、地下に潜ったじょうもんの人たちにもう一度出てきてもらい

再度、波動を高めるために世界各地に散らばってもらったという話もそういう観点から考えると

つじつまが合うのではないでしょうか?









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:対立のパラレルワールド・・・・・・」 [アセンション]

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:対立のパラレルワールド・・・・・・」



(ここから)


今日の破・常識!




まずは、自分を好きになる。

そうすれば、今抱えている問題は解決する・・・らしい(笑)



では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。






「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

まずは、自分を好きになってください。

すべては、そこからはじまります。

自分を好きではない、自分はまだ足りない、自分はダメだ・・と 

自分と対立していると他の人とも対立してしまいます。


自分のここが嫌いだと思っているとその嫌いな部分を

他の人にも見ることになって その人のことも嫌いになってしまいます。


だらしがない自分が嫌いな人は 

だらしがない人を見ると とてもイライラするのです。

子どものときに行動が遅いと言われ、そんな自分が嫌いになった人は 

行動が遅いと思われる人に対して腹が立つのです。

自分が好きな人は、他の人がどうであろうと 

その人を見てイライラすることがありません。

自分と同じように その人を尊重することが出来るからです。


そして自分のこの部分が嫌いだとコンプレックスを持っていると 

些細な言葉でも腹が立って

その言葉を言った人と対立することになります。


もし、自分が背が高いことにコンプレックスを持っていたとしたら 

背が高いねって あなたに言った人に対して 

なんて失礼な人なんだ・・と腹が立ち 対立の感情を覚えます。

でも言った人は、あなたを批判したりバカにしたりするつもりではなく 

ただそう思ったから言っただけなのです。

もしかしたら背が高くていいですね・・とほめたのかもしれません。

それなのに あなたは自分にコンプレックスがあるから 

バカにされたと思ってしまうのです。

あなたにコンプレックスがなくて背の高い自分が好きならば

同じことを言われても何も感じないか 

もしくはありがとうと答えられるのです。

調和のエネルギーでコミュニケーションをとることができます。


そして自分が好きならば、人のことも気にならなくなります。

人を批判したり優劣を判断することもなくなるのです。

自分が好きではないから自分に自信が持てなくて 

誰かを基準にして自分の価値を計ろうとしていしまうからです。


自分が好きな人は、自分の中で完結(自立)できますので 

人からのエネルギーを必要としません。

人から賞賛を得られなくても自分で自分を賞賛できますので 

そこに価値を置かないのです。

自分が好きでない人は、自分の中の愛が枯渇しますので 

他の人からエネルギーを貰わないとダメだと思ってしまいます。

そのために自分の価値をアピールしたり、反対に力のないふりをして

自分に構ってもらおうとしてしまうのです。


自分が好きで自分に自信があると すべてにおいて寛容になります。

寛容になるということは尊敬と感謝の気持ちを持てるということです。

尊敬と感謝の気持ちは愛と調和のエネルギーをもたらします。


まずは、自分を好きになってください。

そうすれば今抱えている問題は解決します。


でも社会的な大きな問題までは解決しませんよね・・

と思われるかもしれませんが、解決するのです。

なぜならば自分の中が愛と感謝で満たされると 

そのような現実を創造するからです。

これがパラレルワールドにつながっていきます。

あなたが愛と感謝のエネルギーで満たされれば 

あなたはその波動領域のパラレルワールドと共振しますから 

その愛と調和で満たされたパラレルワールドの

現実を見ることになります。

愛と調和のエネルギーで満たされたパラレルワールドには 

戦争などの現実は無いのです。

社会的な大きな問題も 

あなたがどの社会(パラレルワールド)とつながるかで変わるのです。

分かりますか?


あなたの中に対立のエネルギーがあると 

対立のあるパラレルワールドの現実を見るということです。

あなたの前に不動の社会(現実)があるのではなく 

あなたがどの社会(現実)と共振するか・・ということです。

戦争などの存在するパラレルワールドを選ぶのも 

それのないパラレルワールドを選ぶのも 

あなたの中にあるエネルギーで決まって来るということです。


だから平和な社会(現実)を体験したいと思うのであれば

あなた自身を好きになって、あなたの中を平和で満たしてください。


あの人は 許せない、あの人がいるから 

この社会はおかしくなっているんだ・・と思うことが 

もうすでに対立のエネルギーを出していますので 

その人がいる対立のパラレルワールドを

選んでいるということになります。


対立のエネルギーがなければ、対立する存在自体もいない

パラレルワールドを選んで体験することになるのです。


すべては、エネルギー(波動)で出来ています。

このエネルギー(波動)を理解することが出来れば 

考え方が反対になります。

現実が先ではないのです・・

すべては思考エネルギーから始まるのです。

現実をいくら変えようとしても 

思考のエネルギーが変わらなければ変わりません。

反対に思考のエネルギーが変われば、現実はすぐに変わります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール!

(ここまで)


北朝鮮のロケットもこところピタッと止んでしまったように思えるのですが、それも

戦争の危機の感じられないパラレルワールドに移行したと思っていいのだろうか?

と、ふと疑問に思ったのですが・・・・。

ちまたでは9月23日あたりが危ないという話もありましたが、それも何事もなくスルーしました。


打って変わって、北朝鮮情勢などどこ吹く風と言わんばかりの突然湧いてきた衆議院解散で

総選挙!何なのこれって??北海道沖にロケットが落ちてそんなに日が経ってないというのに

やっぱり日本人は能天気なんでしょうね。

逆にこれがいいのかも・・・。


パラレルワールドと言うのは魔訶不思議な現象だと今までは思っていましたが、これって

何の事ない毎日起きていることなのでは?と思うようになりました。

私たちの思考が毎日、毎分、その瞬間ごとに新しいパラレルワールドの現実を選んで創造

していると思っていいようです。ただ、その変化が小さいのでそう思わないだけです。

何か思う都度、それに近い現実を持つパラレルワールドに移行しているんです。

極端な話、想定外の想像ともつかない突飛な現実を思い浮かべるなら、そしてそれをあたかも

そこにあるかのように思うならば、そのパラレルワールドに移行し体験できるということです。

言葉を変えるならば積極的に平和に満たされた世界を想像し、その世界に遊ぶことでそのような

現実世界に移行できるということですね。

実際、私の周囲には北朝鮮がどうのこうのと不安げに言う人がいないので、そういう危機が

感じられない世界にいるのだと、ちょっぴり納得したりします(笑)。

テレビでは連日放送してましたが、今や選挙の話題だけですね。

とは言っても、あちらの世界と言う感覚で見てはいますが・・・・・。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:人類滅亡・・・・???」 [アセンション]

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:人類滅亡・・・・???」




(ここから)

巷では、、昨日の23日、「惑星X」が地球に衝突して人類は滅亡する──。という

「9月23日地球滅亡説」というのが広まって、NASAまでがそれをワザワザ否定する

という事態にまでなっていたそうですが・・・


惑星Xが衝突? 「9月23日地球滅亡説」を、NASAがわざわざ否定 


ネット上でも、たくさんの情報が飛び交っていたようでございます^^


今日は、24日・・・な~~ンにもなくてよかったですねぇ~~~^0^

まぁ。これまでも似たような噂話は数多く流れておりましたが、結局いつも

何事もなく、よかったねぇ~~・・で終わるんですよね^^;



では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

こういう表現をすると、また怒りのエネルギーが飛んでくるのを承知の上で

いわせていただきますが・・・・・・・



人類が滅亡しようが、しまいが、あなたには関係ないのです。



あなたの世界は、あなたが見ている世界だけなのです。

そして、あなたがあなたの世界(現実)の中心なのです。


・・ということは、極端に聞こえるかもしれませんが・・・

あなたが身体を脱ぐ(死ぬ)時、あなたの世界は滅亡するのです。

ある意味、あなたの世界の人類も滅亡するのです。

分かりますか?



だから、いまあなたの社会?で言われている人類滅亡を心配する必要はないのです。

あなたがいれば、人類は滅亡しませんし、あなたがその世界にいなくなれば、人類は滅亡

するのです。


あなたの世界のすべては、あなたが中心であり、あなたが創造しているのです。


世界が滅亡する・・それは何も怖ろしいことではありません。

人類が滅亡する・・それも何も怖ろしいことでもないのです。


世界が滅亡する・・と、昔の誰かが言いました(予言)というのは、ある意味計画です。

こういう計画があります・・と言っているようなものです。


まぁ、計画といっても、人類滅亡の計画まではありませんが・・

ただ、あなた達を脅かして、そこから重いエネルギーを搾取するためだけのことです。

本当に、人類?地球?を滅亡させようなんて思っていません。

そんなことをしたら、彼らも困るからです。

重いエネルギーをチャージ(搾取)することが出来なくなってしまいます。


小さな予言(計画)を実行することで、予言は当たると思わせます。

そして、今度は壮大な予言(人類が滅亡する、地球が滅亡するなど)を、大きく宣伝し

この前の予言も当たったし、もしかしたらその予言も当たるかもしれない・・と

怖がらせるのです。


ただそれだけのことです。


そして、話は戻りますが・・

もし万が一人類が滅亡したとしても、それはあなたには関係ないことなのです。

あなたの世界がどうなるか?・・そこだけにフォーカスしていてください。


あなたの世界(現実)が終わるまで、あなたはどういう世界(現実)を体験したいか?

そこだけでいいんです。

そこだけにフォーカスしていれば、あなたの世界はあなたの好きなものに出来るのです。


あなたの世界を創造する権利はあなただけが持っています。

その権利を誰かに差し出さなければ、誰もあなたの世界に介入?して来ることは出来ません。

(あなたが権利を放棄してしまうと、あなたの現実に他の人が介入し、あなたの現実を好きに

創ってしまうということになります)


人類を滅亡させますよ・・と言ったとしても、あなたが何も関心を持たなければ、

その人達は何も出来ないということを分かってください。


あなたが、あなたの世界の主なのです。

あなたの思考、あなたの考えが、あなたの世界を創造しているのです。


誰かの予言は、あなたの世界には関係ありません。

その予言を信じた時、あなたの現実になるのです。

予言が当たったのではなく、あなたが信じたから、あなたのその思考がその現実を創造

したのです。


予言、占い・・というものは、そういうものだということをお伝えしたいと思います。



あなたに愛を込めてお伝えいたします。」


ありがとう アシュタール! 感謝します。

(ここまで)


この人類滅亡説は何回も出てきますね。

あるとき世間を騒がせて何事もなく過ぎ去り、また数年するとどこからともなくそれっぽい

理由をつけて再び「いついつ人類が滅亡する」と広まっていきます。

その都度、それを信じた人たちは恐れおののき慌てふためきますが、結局は何も起こらず

「な~んだ、何もなかったじゃないか」で終わるものです。

惑星Xやニビルの話もあちこちのサイトで論じられ、実際に写したにビルの映像なども公開

されていますが、現実には何も起こりません。

それは自分の現実に関与するほどパラレルワールドが大きく動かないからですね。

今の体験をそのまま続ける限り人類滅亡も惑星Xやニビルの接近や衝突によって人類が

いぺんに消えるということはありません。

ただ、実際に起きているパラレルワールドの世界はあるだろうと思います。

そこでは地球に他の天体の惑星が衝突して消滅するという事態に陥っているかも

しれません。でも、そこまで現実は大きく変化しないというのが実情のようです。

そんな噂を気にせず、ニビルや惑星Xも気に変えない限り大丈夫です。

ただ、私たちがこの世界を去った時に地球は滅亡しているというアシュタールの言葉は

大変興味深いところですね。もし、そうならこの現実世界は自分のためだけに存在するという

考えが成り立つからです。一人一人にそれぞれの地球が存在するということになりますが

果たしてどうなのか?プログラミングされた仮想世界現実と言う話題がありますが、結局は

超精密なホログラムだと考えればありえなくもない話ですね。




nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -